ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.05.09 11:03

シトロエン 2017年WRC第5戦アルゼンティーナ ラリーレポート


ラリー/WRC | シトロエン 2017年WRC第5戦アルゼンティーナ ラリーレポート

2017年5月9日
プレスリリース

シトロエンC3 WRC、アルゼンチンで好機をつかめず

 WRC第5戦アルゼンチンは、シトロエン・トタル・アブダビWRTにとって、あらゆる点で悔しさの残る週末となってしまいました。

 それでも、チームは自分たちのポテンシャルには確かな自信をつかんでおり、この先に待ちかまえるイベントにはこれまで以上に注力して優勝争いを視野に臨む構えです。

ラリーの展開

 27日木曜日夜、ラリーアルゼンチンは、コルドバの市街地を走るステージで幕を開けました。パルクフェルメで夜を明かした後、28日の金曜日から、各マシンは8SSで構成される長い1日に向けて走り出しました。

 クリス・ミーク/ポール・ナゲル組は、ただちに首位争いに挑んでいきます。SS3を終えた時点でミークの#7 シトロエンC3 WRCは総合2番手につけ、総合首位のライバルも10秒以内の差にとらえていました。

 しかしSS4、サンタ・ロサ‐サン・アグスティンのステージで、ミークのマシンはバンプで跳ね上げられ、転倒を喫してしまいました。ミーク/ナゲル組はSS4を走り切りましたが、それまでに何分ものタイムをロスしてしまいました。

2017WRC第5戦アルゼンティーナ クレイブ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)
2017WRC第5戦アルゼンティーナ クレイブ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)

 また、クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組も、このステージは徐行を余儀なくされる展開となりました。ブリーンはミークと同じ場所のバンプで跳ね上げられ、その際の衝撃でギヤボックスがダメージを受けてしまい、5速に入ったままとなってしまったのです。

 2台のダメージは大きく、その後のSSを走り切ることが困難と判断され、ロードセクションで以後の続行を諦めざるを得ませんでした。

 ラリー2規定を適用して翌日の再スタートを果たすため、シトロエン・レーシングのメカニックとエンジニアたちは、大掛かりな修復作業に取りかかることとなりました。


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング