ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.10.31 11:28

WRC:シトロエン 2017年第12戦イギリス ラリーレポート


ラリー/WRC | WRC:シトロエン 2017年第12戦イギリス ラリーレポート

シトロエンC3 WRCのクリス・ミークが好走をみせフィニッシュ

 10月26日~29日に行われた2017年WRC第12戦ウェールズ・ラリーGBでは、最終パワーステージにおいてシトロエンC3 WRCのクリス・ミーク/ポール・ナゲル組がセカンドベストタイムをマーク。期待を上まわる速さをみせて、総合7位でフィニッシュしました。
 
◆ウェールズ・ラリーGBの最終日となるデイ3に設定されたスペシャルステージの走行距離は短く、5SSの合計は41.17kmでした。この日のルートは、Alwen(SS17/SS20)とBrenig(SS18/SS21)の2SSを、Gwydir(SS19)を挟んで2回ずつ走行しました。

◆ミークは総合7番手でこの日をスタート。総合6番手とは20秒ほどのタイム差がありましたが、確実にラリーをフィニッシュするという目的をもって最終日に臨みました。

◆そしてミークは期待どおり、見事なパフォーマンスを披露。SS19 GwydirでSS3番手タイムを記録すると、SS20 Alwenでは5番手タイム、最終パワーステージでは2番手タイムでラリーを締めくくりました。この結果、ミーク/ナゲル組のシトロエンC3 WRCは、総合7位でラリーをフィニッシュしました。

◆クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組はデイ1金曜日の夜にリタイアを喫してしまい、再出走。ポイント圏外にまで後退していたため、無用なプレッシャーに悩まされることなく最終日のラリーに臨みました。

◆ブリーン/マーティン組もポジティブな内容となり、5番手タイムを1回、6番手タイムを2回マークしました。クルーはこの日、順位をふたつ上げて、総合15位でラリーを終えました。

カリッド-アル・カシミ(シトロエンC3 WRC)
カリッド-アル・カシミ(シトロエンC3 WRC)

◆ペースをつかみながらラリーを進めていたカリッド-アル・カシミ/クリス・パターソン組も無事にラリーを走り切り、ウェールズ・スランディドノの沿岸の町に設定されたフィニッシュに戻りました。

◆2017年シーズンのWRC最終戦、第13戦のラリー・オーストラリアは、11月16日~19日にかけて、東海岸に位置するニューサウスウェールズ州コフスハーバーを拠点に行われます。

チームコメント


関連のニュース

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング