ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2018.06.07 07:03
更新日: 2018.06.06 20:08

ERC:第3戦アクロポリス・ラリー。伝統に名を刻む、マガラエスが今季初勝利


ラリー/WRC | ERC:第3戦アクロポリス・ラリー。伝統に名を刻む、マガラエスが今季初勝利

 かつてはWRC世界ラリー選手権のカレンダーにも組み込まれ、“カーブレイカー・ラリー”の異名を取ったアクロポリス・ラリーが、今季もERCヨーロッパ・ラリー選手権の第3戦として6月1~3日にギリシャのアテネ近郊で開催され、ポルトガルの実力派ブルーノ・マガラエス(シュコダ・ファビアR5)が、シリーズリーダーのアレクセイ・ルキヤナク(フォード・フィエスタR5)を破り今季初勝利をマーク。そうそうたる面々が名を連ねるアクロ勝者のひとりとして歴史に名を刻んだ。

 通常2デイ・イベントを主とするERCでは変則的な3デイ開催となった伝統の“悪路”戦は、スーパースペシャルとなった金曜デイ1のマルコポーロ・オリンピック馬術センターのSS1から波乱の展開に。

 ここまでシリーズ2連勝を決め、ポイントランキング首位を快走するロシアのルキヤナクが、わずか2.60kmのステージでパンクに見舞われ約12秒のロスタイム。最初のラリーリーダーの座をハンガリー出身のノルベルト・ヘルツェグ(シュコダ・ファビアR5)に譲ることとなった。

 しかし、ここからが“ロシアン・ロケット”の異名を持つルキヤナクの真骨頂。続くデイ1最終のSS2で攻勢に転じたルキヤナクは、30.53kmのステージで2番時計をマークしたノルウェーのアーヴィン・ブリニルデソン(フォード・フィエスタR5)を44.5秒上回るスーパーベストを叩き出し、初日総合首位を奪還してサービスへと戻って来た。

「これはビッグ・サプライズだね。僕はいくつかのミスを犯したのに」と、SS2のタイムコントロールで笑顔を見せたルキヤナク。

「ステージのサーフェスは僕らにとって本当にクリーンな状況だった。前を走っていた数台より良かったと思う。ステージモードに入っていたし、スーパーSSではタイムを大きく失っていたので取り返す必要があったんだ」

 このルキヤナクの解説はその後のドライバーには当てはまらず、ダストに苦しんだのは2017年ドライバーズランキング2位のブルーノ・マガラエスで、彼のファビアR5は視界不良とスリッパリーな路面に苦しみ、本人曰く「2、3度は」コースアウト寸前の危険なシチュエーションを回避して、なんとか初日総合4番手で終えることとなった。

 しかし続くデイ2は、選手権首位ルキヤナクにとって試練の1日となり、オープニングのSS3こそ0.2秒差でベストタイムを記録したものの、SS4でアクシデントが発生。

 ルキヤナクはコーナーに慎重なアプローチで臨んだにも関わらず、インサイドに潜んでいた岩に左フロントホイールを強打。これで彼のフィエスタはサスペンションを破損し、20分以上を失い万事休す。ステージ終了後にはマシン修復を優先し、最終日のスーパーラリーでの復帰に向けサービスへと直帰する決断を下すこととなった。

「今日のふたつ目のステージだったし、タイヤを労わりながら本当に慎重に走っていたんだ」と状況を説明したルキヤナク。

デイ1オープニングステージのスーパースペシャルでまさかのパンクを喫したアレクセイ・ルキヤナク
「初日から全リスク排除に集中した」と語るヒューバート・プタチェクが3位表彰台を獲得
今季開幕2連勝で選手権首位を行くルキヤナク(右)と、17年ランキング2位のマガラエス(左)の直接対決とはならず
絶好の首位浮上機会を思わぬトラブルで逸したアーヴィン・ブリニルデソンは総合4位


関連のニュース

本日のレースクイーン

ARTA GALS
はらことは(はらことは)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング