ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.03.23 18:48
更新日: 2017.05.10 11:05

ポルシェ 2017年WSCC第2戦セブリング12時間 レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ 2017年WSCC第2戦セブリング12時間 レースレポート

2017年3月23日
ポルシェ・ジャパンプレスリリース

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第2戦:
セブリング12時間レース、米国

素晴しい戦略、最速のレースラップ、そして様々な不運

 ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト社長:オリバー・ブルーメ)のポルシェ911 RSRは、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第2戦のセブリング12時間レースにおいて、ゴール直前までは巧みなレース戦略とドライバーの見事なパフォーマンスで快走し、初勝利は手の届くところにありました。

 しかし、510PSの911号車を駆るパトリック・ピレは、首位を目前にしながらタイヤトラブルとドライブスルーペナルティのため快進撃に終止符を打たれます。

 パトリック・ピレ(フランス)/ディルク・ヴェルナー(ドイツ)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)組は、フロリダ州の中心部にある元飛行場の伝説的サーキット、セブリング・インターナショナル・レースウェイを334周した後、GTLMクラス7位という結果になりました。

 もう1台の911 RSRのステアリングを握るケヴィン・エストル(フランス)/ローレンス・ヴァンスール(ベルギー)/リヒャルト・リーツ(オーストリア)組は8位でした。

ポルシェ911 RSR 911号車 ポルシェGTチーム
ポルシェ911 RSR 911号車 ポルシェGTチーム

 25℃を超える夏の気温のなかでスタートした第65回セブリング12時間レースは、手強いライバルたちがひしめくGTLMクラスのスタートからゴールまでドラマに満ちたレースがファンを魅了しました。

 最終のピットストップ直前まで接戦が続き、夕方の涼しい時間にベストの状態になるように911号車をセットアップしたポルシェの戦略は鮮やかな展開をみせます。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
瀬谷ひかる(せやひかる)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング