ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.04.18 13:15
更新日: 2016.04.18 13:17

WECトヨタ「望んだレベルには達していないが、終盤のラップタイムには手応え」


ル・マン/WEC | WECトヨタ「望んだレベルには達していないが、終盤のラップタイムには手応え」

TOYOTA GAZOO Racing
新型TS050 HYBRIDのデビュー戦でシリーズ初参戦の小林可夢偉が2位

TOYOTA GAZOO Racingは2016年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースで2位となった。

2016 WEC Round 1 Silverstone
 小林可夢偉とステファン・サラザン、マイク・コンウェイのTS050 HYBRID #6号車は3位でゴールしたのち、上位車両の失格により2位となり、トヨタにとって2012年のWEC参戦開始以来のシルバーストーンでの連続表彰台記録を更新した。

 コンウェイはWECで自身3度目となる表彰台フィニッシュを果たし、イギリス人レーシングドライバーズクラブメンバーの最高位ドライバーに送られるリチャード・ロイド・トロフィーを獲得した。

 小林にとってはLMP1カーでのデビュー戦であり、トヨタで参加した世界選手権としては2009年のF1アブダビGP以来となるレースで素晴らしいパフォーマンスを見せ、表彰台獲得の一翼を担った。

 中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミの#5号車も力強い走りを見せていたが、不運なタイヤのパンクにより車両後部にダメージを負い、16位に終わった。

 降雪に見舞われた前日とは一転、好天に恵まれた決勝日となり、TS050 HYBRIDはレース中の最速ラップで、全車の最速ラップからわずか0.354秒遅れとその速さを実証し、希望を繋ぐレースデビューを果たした。

 次戦以降での更なる性能向上を目指し、チームは新しい2.4リッターターボエンジンと8MJのハイブリッドシステムから、最大のパフォーマンスを引き出すために必要なセッティングの解析を進めて行く。

トヨタTS050ハイブリッド
トヨタTS050ハイブリッド

2016 WEC Round 1 Silverstone
 レース序盤、予選5番手、6番手からスタートを切った、コンウェイの#6号車とブエミの#5号車は、ポルシェ#1号車とアウディ#8号車のアクシデントにより、3位、4位へとポジションを上げた。

 レースが折り返しを過ぎたところで、3位を走行していた#5号車は右リアタイヤのパンクに見舞われた。不運にもこのパンクはピットアウト直後に発生し、中嶋は1周5.901kmのコースをスローダウンしたまま周回することとなり、バーストしたタイヤにより車両後部にダメージが及んでしまった。

 メカニックの懸命な努力により、41分間の作業の後に修復され、ブエミへと交代した#5号車は首位から24周遅れの29位でコースへと復帰した。

 大きく遅れた#5号車は世界選手権のポイント獲得のために追い上げを続けた。一方、チームメイトの#6号車はライバル勢と遜色のないラップタイムで周回を重ね、5万2千人(週末合計)のファンが見守る中3位でチェッカーフラッグを受けたが、その後、上位車両の失格により2位となった。

 トヨタは、LMP1-ハイブリッドクラスのマニュファクチャラーで唯一2台が完走を果たしたことで、全9戦で戦われるシリーズの開幕戦を終えた時点で、マニュファクチャラーズ選手権では首位につけている。

 次戦は5月7日(土)にベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで開催されるスパ6時間レース。TOYOTA GAZOO Racingにとっては、チームの本拠地であるドイツのケルンから120km程と近い、「ホームレース」とも言える一戦に臨む。


本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
野原ゆな(のはらゆな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング