ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.04.18 14:39
更新日: 2016.04.18 15:44

平川亮、ELMS初戦はポールスタートも走れず


ル・マン/WEC | 平川亮、ELMS初戦はポールスタートも走れず

 平川亮が今季から参戦するヨーロピアン・ル・マン・シリーズの開幕戦シルバーストン決勝が16日に行われ、元F1ドライバーのギド・バン・デル・ガルデの駆るGドライブ・レーシングがトップチェッカーを受けた。

 決勝が行われた土曜日のシルバーストンは、併催のWEC(世界耐久選手権)が雪に見舞われるなど悪天候で幕を開け、14時半(現地時間)開始の4時間レースもスタート直後に数台がスピン、予選でポールポジションを獲得したマティアス・ベッシェ/ピエール・ティリエ/平川組の46号車オレカ05・ニッサン(ティリエ・バイ・TDSレーシング)も1コーナーでコースオフする波乱の幕開けとなった。

 レースは終盤にかけてドライコンディションに変わったが、ピエール・ティリエの駆る46号車は、序盤の11周目にマシントラブルからコースオフを喫しウォールにクラッシュ。早々とレースを終えることとなり、平川もドライブすることなく初戦を終えた。

 レースはバン・デル・ガルデ/ハリー・ティンクネル・サイモン・ドーランの38号車ギブソン015S・ニッサンがSMPレーシングの32号車BR 01・ニッサンを従えチェッカー。バン・デル・ガルデはスポーツカーレースのデビュー戦を見事勝利で飾った。


4 Hours of Silverstone – HighLights 投稿者 ELMS


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング