ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.04.18 10:30

ポルシェGTチーム WEC第1戦シルバーストン レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェGTチーム WEC第1戦シルバーストン レースレポート

2017年4月17日
プレスリリース

GTレース FIA世界耐久選手権(WEC)、シルバーストン開幕戦、イギリス

ニュー・ポルシェ911 RSRが
FIA世界耐久選手権 シーズン開幕戦を表彰台で飾る

 ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のニューポルシェ911RSRは、FIA世界耐久選手権の開幕戦であるシルバーストン6時間レースを表彰台で飾り、今シーズンをスタートしました。

 91号車のステアリングを握るリヒャルト・リーツ(オーストリア)/フレデリック・マコウィッキ(フランス)組は、5万人以上の観客を集めたこの復活祭の日曜日にGTE-Proクラスの3番グリッドからスタートしました。

 自動車メーカー4社が参戦するこのカテゴリーは、シーズンのスタートからスリリングな展開の171周となりファンを熱狂させました。

3位表彰台を獲得したフレデリック・マコウィッキとリヒャルト・リーツ
3位表彰台を獲得したフレデリック・マコウィッキとリヒャルト・リーツ

 WECポルシェGTチームは、米国とカナダで開催されるIMSAスポ-ツカー選手権と同じく、2017年シーズンのためにヴァイザッハで新開発された911 RSRレーシングカー(最高出力510PS)で参戦しました。

 今年のFIA世界耐久選手権(WEC)の開幕戦であるシルバーストン・サーキットには27台の車が並びました。

 スタート時、イギリスのミッドランズにある名高いサーキットの上空は雲で覆われ、冷たい風が吹き、レース後半には軽いにわか雨が降りました。

 しかし、観覧席の熱心なモーターレースファンやドライバーの気持ちが削がれることはありません。

2017年WEC第1戦シルバーストン 91号車ポルシェ911 RSR
2017年WEC第1戦シルバーストン 91号車ポルシェ911 RSR

 コース上は部分的には濡れてはいるものの、ウェットタイヤに交換することなくスリックタイヤを維持し、果敢な闘志と見事なパッシングテクニックで観客を魅了しました。

 今シーズンはレースごとに6セットではなく4セットのタイヤしか使用できないため、ポルシェGTチームは予選ではあえてタイヤをセーブし、決勝に臨みました。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング