ル・マン/WECニュース

2017.06.06

ポルシェ 2017ル・マン24時間公式テストレポート


ル・マン24時間公式テストで本番へ向け集中的な準備を行う

 ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のLMP1チームは、ル・マンの公式テストにおいて2台の919ハイブリッドで156周を走行いたしました。

2台のポルシェ919ハイブリッド  2017ル・マン24時間公式テスト
2台のポルシェ919ハイブリッド 2017ル・マン24時間公式テスト

 1号車のニール・ジャニ(スイス)/アンドレ・ロッテラー(ドイツ)/ニック・タンディ(イギリス)および2号車アール・バンバー(ニュージーランド)/ティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)の6名のドライバーに加えて、マーク・リーブ(ドイツ)もテストに参加しました。

 リーブは昨年919ハイブリッドで、ジャニ、ロマン・デュマ(フランス)とともにWECドライバーチャンピオンを獲得しています。

公式テスト前にル・マン恒例の記念撮影が行われた
公式テスト前にル・マン恒例の記念撮影が行われた

 この公式テストにおける919ハイブリッドのベストタイムは3分21秒512でした。新しいレギュレーションによってエアロダイナミクスが変更されたにもかかわらず、ラップタイムは昨年の同イベントより0.7秒縮められたことになります。

 ポルシェLMP1チームは8時間のテストで予選を模したタイムアタックはせず、レース中におけるロングランに集中してプログラムを消化した結果、3台のトヨタに続く4番および5番手のタイムを記録しました。

1号車ポルシェ919ハイブリッド  2017ル・マン24時間公式テスト
1号車ポルシェ919ハイブリッド 2017ル・マン24時間公式テスト

テスト後のコメント


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング