ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.07.08 21:32
更新日: 2017.07.10 17:10

「ポルシェに偽マーシャルはOKです」の可夢偉の発言にロッテラー苦笑い。WEC富士会見に4人のドライバーが出席


ル・マン/WEC | 「ポルシェに偽マーシャルはOKです」の可夢偉の発言にロッテラー苦笑い。WEC富士会見に4人のドライバーが出席

 富士スピードウェイはスーパーフォーミュラ開催中の8日、この秋、10月13日~15日に開催するFIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間耐久レースの発表会を開催。発表会ではLMP1クラスに参戦するトヨタGAZOOレーシングの中嶋一貴と小林可夢偉、ポルシェLMPチームのアンドレ・ロッテラーと、LM−GTEアマクラスに参戦するクリアウォーター・レーシングの澤圭太が出席し、WEC富士への意気込みを語った。

 ル・マン24時間を終え、シーズンの折り返しを迎えようとしているWEC。この後は第4戦ニュルブルクリンク、第5戦メキシコ、第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズの6時間レースの3連戦後、10月にWEC富士を迎える。

7号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする中嶋一貴
7号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする中嶋一貴

 開幕戦シルバーストンと第2戦スパ・フランコルシャンで優勝したトヨタの7号車を駆る中嶋一貴だが、トヨタGAZOOレーシングは今年、優勝が期待されたル・マン24時間ではトラブルに見舞われ、総合8位フィニッシュ。悔しい結果になってしまった。

「開幕戦、第2戦と優勝でき、いい形でル・マンに臨んだのですが結果は残念なことになてしまいました」と一貴。

「ですが、ル・マンではポイントを獲得できたのでWECのチャンピオンを目指して戦っていかなければなりません。後半戦は始まってみないとわからない部分がありますが、チャンピオンに向けて富士のレースは非常に重要になってくると思うので頑張っていきたいです」

 ル・マンではポールポジションを獲得した可夢偉もまた、決勝レースではトップを走行しながらトラブルで優勝を逃した。

8号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする小林可夢偉
8号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする小林可夢偉

「僕は(ル・マンでは)散々でした」と可夢偉。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング