ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.19 15:06
更新日: 2016.06.19 15:10

ル・マン24時間:16時間経過。トヨタ6号車&5号車vsポルシェ2号車の秒差の争い続く


ル・マン/WEC | ル・マン24時間:16時間経過。トヨタ6号車&5号車vsポルシェ2号車の秒差の争い続く

 第84回ル・マン24時間耐久レースは、スタートから16時間が経過した。総合首位は、6号車トヨタTS050ハイブリッドがキープするも、2号車ポルシェ919ハイブリッド、5号車トヨタTS050ハイブリッドが続く僅差の争いとなっている。

 トラブルなく燃費の利を活かし快走を続ける6号車トヨタは、夜半にトップに立ってから首位をキープし続けているものの、速さに優る2号車ポルシェがその差を詰める緊迫した争いが16時間経ったいまも続いている。2号車ポルシェには215周消化時点でパンクチャーが発生し緊急ピットインを強いられているものの、6号車トヨタと2号車ポルシェ、さらに3番手につける5号車トヨタとの差は非常に僅差。3台による1分以内での争いが続いている。

 トラブルから復帰したアウディ勢は、8号車が1周遅れの4番手、7号車が11周遅れの5番手につけている状況。ただし、7号車は16時間30分過ぎに再度ガレージインを強いられている。

 LMP2クラスは、シグナテック・アルピーヌの36号車アルピーヌA460・ニッサンがリードしているが、朝が近づく頃に2番手につけていた38号車G-ドライブのギブソン015S・ニッサンは最終フォードシケインでクラッシュ。後退してしまう。

5号車トヨタTS050ハイブリッド
5号車トヨタTS050ハイブリッド


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング