ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.07.24 10:26

TOYOTA GAZOO Racing WEC第4戦ニュル6時間 予選レポート


ル・マン/WEC | TOYOTA GAZOO Racing WEC第4戦ニュル6時間 予選レポート

トヨタ自動車株式会社
モータースポーツマーケティング部

WEC第4戦 ニュルブルクリンク6時間 公式予選
天候に翻弄され、TOYOTA GAZOO Racingの
2台のTS050 HYBRIDは3列目から決勝へ

FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間レースの予選が行われた。TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは変わりやすい天候に翻弄され満足いくアタックが出来ず、5,6番手でグリッド3列目から明日の決勝レースに臨むこととなった。

TS050 HYBRID #5号車:(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)
公式練習第3回目:  2番手 (1分41秒293), 28周
公式予選:  6番手 (平均1分40秒748)

TS050 HYBRID #6号車:(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)
公式練習第3回目:  6番手 (1分42秒309), 30周
公式予選:  5番手 (平均1分40秒639)

 朝から断続的な雨に見舞われ、変わりやすいコンディションの中で、チームはタイヤチョイスやセッティングに悩まされる一日となった。

 午前中の公式練習第3回目は、霧のために予定より45分遅れで実施。ウェットコンディションで開始されたが、雨は止み、セッションが進むにつれてコースコンディションが改善していき、中盤以降はドライでの走行になった。2台のTS050 HYBRIDは、ライバル勢と遜色のないタイムを叩き出し、予選、決勝での走りにも期待がかかった。

 しかし、予選のグリーンライトが点灯する直前から軽い雨が降り始め、セバスチャン・ブエミと小林可夢偉がドライブする2台のTS050 HYBRIDは、インターミディエイト・タイヤで最初のアタックに向かった。しかし、雨はすぐに上がってコースのライン上は乾き始め、2台は共に1周のアタックの後すぐにピットへ戻り、ドライ仕様のタイヤへと交換した。

 同時にこのピットでブエミはアンソニー・デビッドソンへ、小林はステファン・サラザンへとドライバーを交代し、共にラップタイムを2秒以上更新した。

 WECの予選では、2人のドライバーそれぞれのベストタイムの平均でグリッドが決定されるため、ブエミと小林はドライタイヤで再度アタック。

 2人はインターミディエイト・タイヤでのタイムは更新したが、アタックラップ中に再び雨が降り始めて一気に路面コンディションが悪化。結局グリッドポジションを上げることは出来なかった。2台のTS050 HYBRIDは3列目から明日の6時間レースに臨むこととなる。

 決勝レースは、24日(日)の午後1時(日本時間・午後8時)にスタートが切られる。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング