ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.11.05 17:42
更新日: 2016.11.05 17:55

WEC上海:1号車ポルシェがポール獲得。トヨタは0.060秒及ばず


ル・マン/WEC | WEC上海:1号車ポルシェがポール獲得。トヨタは0.060秒及ばず

 FIA世界耐久選手権(WEC)第8戦は5日、中国・上海国際サーキットで公式予選が行われ、ティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ブランドン・ハートレー組1号車ポルシェ919ハイブリッドがポールポジションを獲得した。アンソニー・デイビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴組5号車トヨタTS050ハイブリッドは0.060秒差でポールを逃している。

 4日に行われたフリー走行1/2でトップタイムをマークした1号車ポルシェは、公式予選でハートレーとウェバーを投入。最初のアタックでハートレーが1分44秒747を記録するが、アタック中にトラックリミットをオーバーしたとしてタイムが抹消されてしまう。

ポールポジションを獲得したティモ・ベルンハルト/マーク・ウェーバー/ブランドン・ハートレー組1号車ポルシェ919ハイブリッド
ポールポジションを獲得したティモ・ベルンハルト/マーク・ウェーバー/ブランドン・ハートレー組1号車ポルシェ919ハイブリッド

 ハートレーは一旦ピットへ戻り、ウェバーへドライバー交代。そのウェバーは1分44秒618を記録するとピットへ戻り、ハートレーにふたたびステアリングを託した。

 2度目のアタックに向かったハートレーは、自身が記録したベストタイムを0.440秒縮める快走。平均タイムを1分44秒462まで押し上げて、ポールポジションを奪ってみせた。

「アタックのチャンスは1回だけと言われた。ミスをしないよう、あの1周に全力を注ぎ込んだよ」とウェバー。

「1度きりのチャンスを物にすることができてよかった。そのあと、もう一度マシンに乗り込んだブランドン(・ハートレー)も自分の仕事をしっかりこなしてくれた」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング