投稿日: 2017.09.26 13:21

スーパーフォーミュラ:ホンダ 2017第6戦SUGO レースレポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ:ホンダ 2017第6戦SUGO レースレポート

#15ピエール・ガスリー、3番グリッドから今季3勝目に挑む

全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦スポーツランドSUGO 予選

2017年09月23日(土)
天候:晴れ
コースコンディション:ドライ
気温:21℃(13時15分時点)
路面温度:22℃(13時15分時点)

 9月23日(土)、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOにおいて、2017全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第6戦の予選が行われました。

 昨晩来の雨も止み、フリープラクティスと公式予選は秋の深まりを感じる曇り空の下で行われましたが、フリー走行の段階ではまだコースの一部が湿っていたため、各ドライバーは最新スペック・タイヤの感触を完全には掴みきれないまま公式予選を迎えることとなり、これが最終結果にも微妙な影響を与えました。

ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)
ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)

 午後1時15分から20分間にわたっておこなわれたQ1では、#65 ナレイン・カーティケヤン選手(TCS NAKAJIMA RACING)、#41 伊沢拓也選手(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、#10 塚越広大選手(REAL RACING)、#64 中嶋大祐選手(TCS NAKAJIMA RACING)の4名がトップ14に入り、Q2進出を決めました。

 続くQ2では#15 ガスリー選手が6番手に食い込み、Hondaドライバーとして唯一Q3進出の権利を手に入れました。

 トップ8のスターティンググリッドを決めるQ3で、#15 ガスリー選手はセッション終盤にスポーツランドSUGOのファステスト・ラップに迫る1分5秒080をマークし、この段階で全体のトップに立ちました。その後、ライバル陣営のふたりに先行されましたが、自己最高位となる3番グリッドを手に入れました。

 68周で繰り広げられる決勝レースは明日24日(日)の午後2時10分にスタートが切られる予定です。

選手/プロジェクトリーダーコメント


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング