2017.10.22

スーパーフォーミュラ:ホンダ 2017年第7戦鈴鹿 予選レポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ:ホンダ 2017年第7戦鈴鹿 予選レポート

難しいコンディションの中、
野尻智紀選手が2レース連続でフロントロー獲得

全日本スーパーフォーミュラ選手権 第7戦 鈴鹿サーキット 予選

2017年10月21日(土)
天候:雨
コースコンディション:ウエット
気温:18℃(13時00分時点)
路面温度:18℃(13時00分時点)

 10月21日(土)、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットにて、2017 全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第7戦の予選が行われました。

 接近する台風21号の影響で前日から降り続いた雨のため、午前中のフリー走行はウェット路面となりました。天候はさらに悪化の気配を見せていたため、大会審査委員会は、公式予選セッションがQ1のみ実施された場合、セッション中に記録したベストタイムとセカンドベストタイムで日曜日の決勝Race1及びRace2のスターティンググリッドを決定する、と発表しました。

ドコモ チーム ダンディライアン レーシング
ドコモ チーム ダンディライアン レーシング

 公式予選Q1を前に強まった雨のため、路面コンディションはさらに悪化しました。競技車両がコースインするといっそう雨量が増えてセッションは赤旗中断。天候回復を待ってセッションが再開されましたがライバルチームがコースアウトするなど混乱は続き、計測が進まないままさらに2回の赤旗中断となりました。その後雨が弱まったタイミングでセッションが再開され、各車水しぶきを上げながら残り8分30秒のタイムアタックに入りました。残り時間を考えるとわずか2周から3周の計測チャンスしかない中、#40野尻智紀選手が全体の2番手となるタイムを記録、セカンドベストタイムでも2番手につけました。一方、野尻選手のチームメイトの#41伊沢拓也選手がセカンドベストタイムの3番手に続き、Race 2に向けて好ポジションを確保しました。

 しかし、台風接近の状況を考慮し、大会審査委員会は明日の決勝レース中止を決定、2017年シリーズはこれをもって終了となりました。ガスリー選手は惜しくも0.5ポイント差でシリーズチャンピオンを逃し、年間ランキング2位でシーズンを終えました。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
松田蘭(まつだらん)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング