投稿日: 2016.05.27 19:34
更新日: 2016.05.27 19:50

山本が逃げるか、石浦が待ったをかけるか。SF岡山は早くも天王山の気配


スーパーフォーミュラ | 山本が逃げるか、石浦が待ったをかけるか。SF岡山は早くも天王山の気配

 昨年チャンピオンの石浦宏明のリベンジか、それとも開幕戦を制した山本尚貴が2連勝を果たすのか。今週末に開催されるスーパーフォーミュラ第2戦岡山ラウンドは、金曜日の占有走行から緊張感の高まる展開となった。この金曜のセッションの模様などから、第2戦の展開を探った。

「『ふざけんなよ!』というものすごく悔しい気持はありますけど、じゃあ、それを誰にぶつければいいのか。別に誰も悪くはないから、何とも言えないですよね」

 この岡山までの1か月間は、精神的にも辛い日々だったようだ。開幕戦の予選Q1のことを石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)に振り返ってもらったとき、石浦は包み隠さず、悔しさを表現した。開幕戦の鈴鹿、石浦は予選Q1の最後のアタックで、前のマシンがスピンしてイエローフラッグが出されたことで、その後ろでアタックをしていた石浦の予選タイムは抹消された。

 抹消されたのは、たまたまスピンした車両の後ろを走っていた2台だけ。そのウチの1台の昨年チャンピオンが予選Q1で落ちてしまうという、不運極まりない、まさかの予選となったのだ。

 今回の金曜占有走行でも3番手から14番手までがコンマ2秒以内というように、現在のスーパーフォーミュラは、超僅差の接近戦。そのため、予選グリッドと決勝スタートが結果の8割を占めると言っても過言ではなく、文字どおり1000分の1秒を争う際どいタイムバトルが繰り広げられている。予選の失敗は即、レースの勝負権離脱に繋がる。石浦も当然、それをわかりきっているだけに、開幕戦のQ1敗退を嘆いたのだ。

「開幕戦の黄旗はルール通りなので、誰にも責任はないと思う。だけど、自分のことだけで言えば、悔しさは尋常じゃないですよ。年間7戦しかないのに、そのひとつを落としたわけで、開幕戦の時点で今年のチャンピオン争いから『ハイ、消えた』と思ってしまうくらいの出来事でしたから。でも、それは別に誰も悪くはないから、何とも言えないですよね」


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング