投稿日: 2018.10.29 11:30
更新日: 2018.10.29 11:31

トヨタ 2018スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 レースレポート


スーパーフォーミュラ | トヨタ 2018スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 レースレポート

2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦鈴鹿

ニック・キャシディの猛追惜しくも及ばず、初タイトルならず
キャシディと山下健太が2、3位表彰台フィニッシュ
KONDO RACINGは初めてのチームチャンピオンを獲得

 SF14での最後のレースとなった2018年スーパーフォーミュラ最終戦、勝ったドライバーがチャンピオンというレースで、4番手スタートのニック・キャシディが終盤猛烈な追い上げを見せましたが、惜しくもコンマ6秒届かず2位フィニッシュ。ドライバーズチャンピオン獲得はなりませんでした。しかし、キャシディが2位、山下健太が3位で表彰台に上り、KONDO RACINGは初のチームタイトルを勝ち取りました。
 
 スーパーフォーミュラの2018年シーズン最終戦となる第7戦『第17回JAF鈴鹿グランプリ』が10月27日(土)、28日(日)の両日、三重県の鈴鹿サーキットで行われました。
 
 全7戦で戦われるスーパーフォーミュラも最終戦を迎えました。5年間にわたり、数々の名レースを繰り広げてきたSF14での最後のシーズン、注目のタイトル争いは、参戦2年目ながら第4戦で初優勝を挙げ、決勝が実施された5戦すべてでポイント獲得、3度の表彰台と安定した速さを見せているニック・キャシディ(KONDO RACING)がランキング首位で最終戦を迎えることに。

 今大会は優勝者に3点のボーナスポイントが与えられるため、ポールポジションポイントを含め、最大14点が獲得可能。このため、首位キャシディとは12ポイント差の関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)まで含めた5名がタイトル獲得の可能性を残しており、キャシディとディフェンディングチャンピオンの石浦 宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)を含む僅差のランキング上位3名は、いずれもこのレースに勝てばチャンピオン、というタイトル争いの行方は全く読めない状況での最終戦となりました。

予選

 27日(土)前夜から朝方まで残った雨により、午前中の練習走行はウエットでの走行となりましたが、その後天候は回復。雲の間から太陽が顔を出し、気温は20度を超えて路面は完全にドライコンディションとなった午後12時35分からノックアウト方式の予選が開始されました。
 
 20分間のQ1は、開始から5分少々過ぎたところで、ピットロード上で出火した車両があり赤旗中断。15分ほどの中断の後にセッションが再開されると、ミディアムタイヤでの激しいアタック合戦が繰り広げられました。

 終盤、タイムを上げていった車両により目まぐるしく順位が塗り替えられていくなか、やや早めにアタックを終えていた関口はまさかのノックアウト。17番手でQ1敗退となってしまいました。鈴鹿初走行となったトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)は0.013秒及ばず惜しくも15番手。

山下健太(KONDO RACING)
山下健太(KONDO RACING)


関連のニュース

本日のレースクイーン

TWSプリンセス
涼野はるか(すずのはるか)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング