投稿日: 2015.07.19 16:02
更新日: 2016.09.14 16:08

可夢偉の意地、石浦の怒り。定説に抗ったふたり


スーパーフォーミュラ | 可夢偉の意地、石浦の怒り。定説に抗ったふたり

現在のトップフォーミュラは“予選とスタートで8割決まる”という定説が流れて久しいが、その言葉は、現在のスーパーフォーミュラのオーバーテイクの少なさ、そしてレース展開の変化の少なさを揶揄した表現にも聞こえる。今回の第3戦富士では、予選で2番手を獲得したジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)がスタートを決め、独走でトップチェッカーを受けたが、その勝ち方は、まさに定説のとおりだった。もちろんオリベイラの圧勝は賞賛に値するものだが、レース内容は濃厚だった。そして、オリベイラ以上に今回のレースを面白くしたのは、その定説に抗ったドライバーたちだった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング