投稿日: 2019.06.25 11:17
更新日: 2019.06.25 17:47

ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第3戦SUGO レースレポート


スーパーフォーミュラ | ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第3戦SUGO レースレポート

Round.3
スポーツランドSUGO
宮城県 柴田郡

決勝
2019.06.23(日)

山本尚貴がポール・トゥ・ウィン、ルーカス・アウアーが3位で初表彰台を獲得

 6月22日(土)~23日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県)で、2019年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第3戦が20台の参加で開催されました。

 時折り雨粒が路面を濡らす曇天の22日、午後1時20分からノックアウト方式の公式予選が始まりました。一周が約3.704kmと短く幅の狭いトラックの性格もあり、渋滞解消と安全性を考慮し今回のQ1はAとBの2組(各10台)に分けて実施されました。

 A組ではホンダ勢5台中5台が、B組ではホンダ勢4台中3台がQ1を通過してQ2進出。12台のうち8台を占めるホンダ勢はQ2でも快進撃をみせ、上位7位までを独占してQ3進出を果たしました。

 開始直前に小雨が降り始めたQ3では、全8台がスリックタイヤでコースイン。タイムアタック合戦が佳境を迎えたとき、#64 アレックス・パロウと#65 牧野任祐(ともにTCS NAKAJIMA RACING)がSPアウトコーナーで相次ぎコースアウトしてスポンジバリアに衝突。赤旗中断となりセッションは約1分半を残して終了となりました。

 この結果、#1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が今季初のポールポジションを獲得。2番手は#16 野尻智紀(TEAM MUGEN)、3番手は#50 ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)がつけました。

山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)
ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)

 4番手は#17 塚越広大(REAL RACING)、6番手は#5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。なお、赤旗の原因を作った#64 パロウと#65 牧野はQ3タイム抹消のペナルティーを科されて、それぞれ8、7番手でした。

 終日曇りがちだった23日、決勝レース(68周)は午後2時20分すぎに始まりました。ホンダ勢上位陣のスタート時点の装着タイヤは、ポールシッターの#1 山本、3番グリッドの#50 アウアー、7番グリッドの#65 牧野、8番グリッドの#64 パロウがソフト。2番グリッドの#16 野尻、4番グリッドの#17 塚越、6番グリッドの#5 福住がミディアムでした。
 ミディアムタイヤを選んだ選手はいずれもレース序盤にピットストップを行い、ソフトタイヤへ履き替えて残り60周以上を走りきる作戦。ソフトタイヤを選んだ選手はいずれもピットストップを先へ延ばし、レース終盤にミディアムタイヤへ履き替える作戦でした。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング