投稿日: 2019.12.05 17:55
更新日: 2019.12.05 19:15

ドコモ勢が2日目総合1-2。新人ビップスが3番手で存在感示す/スーパーフォーミュラ合同ルーキーテスト


スーパーフォーミュラ | ドコモ勢が2日目総合1-2。新人ビップスが3番手で存在感示す/スーパーフォーミュラ合同ルーキーテスト

 12月5日(木)、三重県の鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テスト・ルーキードライバーテストの2日目が行われ、総合トップは午前中にトップタイムをマークした福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だった。ルーキー勢では、2日目もユーリ・ビップス(TEAM MUGEN)がトップにつけている。

 テスト2日目は、初日の午後に走行した018号車の国本雄資(carrozzeria Team KCMG)と064号車の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が午前の走行を担当した。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

tomica
山本もえぎ(やまもともえぎ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング