投稿日: 2020.12.13 03:00
更新日: 2020.12.13 08:24

【SF最終戦富士特別連載(3)】大湯とフェネストラズ、ふたりの実力派ルーキーの“富士”にかける想い


スーパーフォーミュラ | 【SF最終戦富士特別連載(3)】大湯とフェネストラズ、ふたりの実力派ルーキーの“富士”にかける想い

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の予定から4ヵ月遅れとなる8月末に開幕した2020年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権も、12月19日〜20日に富士スピードウェイで開催される第7戦で最終戦を迎える。6戦で6人のウイナーが誕生し、最終戦も『誰が勝つのかわからない』大接戦が予想されるなか、今年はルーキーたちが大きな活躍を見せて注目点になっている。サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)と大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)のふたりのドライバーに、スーパーフォーミュラの難しさ、そして最終戦の舞台となる富士スピードウェイを戦う上でのポイントなどの話を聞いた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)