投稿日: 2020.12.20 11:55
更新日: 2020.12.20 12:15

異次元のコースレコード! 野尻智紀が逆転タイトルにつなぐポールポジション獲得。平川亮はまさかの8番手【第7戦富士予選】


スーパーフォーミュラ | 異次元のコースレコード! 野尻智紀が逆転タイトルにつなぐポールポジション獲得。平川亮はまさかの8番手【第7戦富士予選】

 チャンピオン争いが掛かった最終決戦、12月20日(日)、2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦の予選が行われ、野尻智紀(TEAM MUGEN)が1分19秒972でコースレコードを更新し今季2度目のポールポジションを獲得した。フロントロウには坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がつけ、ホンダエンジン、トヨタエンジンの両者が1列目に並ぶことに。ポイントリーダーで最終戦を迎えた平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は8番手で予選ポイントを獲得できず。山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は3番手で1ポイントを加算した。


本日のレースクイーン

2021D’stationフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング