スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.02 19:16
更新日: 2017.08.02 19:17

関口雄飛 2017スーパーGT第4戦SUGO レースレポート


スーパーGT | 関口雄飛 2017スーパーGT第4戦SUGO レースレポート

関口雄飛
PRESS RELEASE
2017年8月1日

2017年スーパーGT第4戦「SUGO GT300km RACE」で、雨に翻弄されたLEXUS TEAM WedsSport BANDOHは苦戦を強いられ、関口雄飛と国本雄資が12位完走するも、連続入賞記録は21戦でストップ

 トヨタ、ニッサン、ホンダの各メーカーがニューマシンを投入し、新時代を迎えた2017年のスーパーGT第4戦が、宮城県、スポーツランドSUGOにて7月22~23日に開催されました。
 
 このレースに先立ち6月18日に実施されたスポーツランドSUGOでの公式テストでは、関口雄飛がトップタイムをマークしており、チームとしては優勝を意識してここ菅生に臨みました。
 
 いつもどおりチームより一足先にサーキット入りした関口雄飛は、ヨコハマタイヤと相性いいこのサーキットに、いつも以上に今シーズン初優勝への自信を秘めていました。
 
 天気予報は週末の雨を予想していましたが、土曜日のフリー走行は、猛暑といえるほどの晴天となりました。朝のフリー走行が始まる頃には路面温度が50度に達する勢いのなか、まずは関口雄飛がステアリングを握ってコースインです。3周目に1分13秒568で2番手タイムをマークし、8周をこなして国本雄資選手に交代し、ロングランを意識したセットアップに集中しました。
 
 前回のテストを欠席している国本雄資選手により多くの走行時間を使ってもらい、チームは決勝への自信を深めていきました。

関口雄飛 2017スーパーGT第4戦SUGO
関口雄飛 2017スーパーGT第4戦SUGO

 
 午後の予選Q1は、GT300クラスの走行開始を前にして天候が急転。ポツリ、ポツリと雨が降り始め、主催者側は「WET宣言」を早々と出しました。しかしGT300クラスの予選が終わる頃には雨雲も去り、なんとかドライコンディションでのアタックとなりました。
 
 アタッカーは関口雄飛です。関口雄飛はチームの期待どおり1分11秒597をマークし、予選Q1をトップと0.018差の2番手で通過。余裕を持って国本雄資選手にバトンを渡します。
 
 そして国本雄資選手はレクサズ勢のトップとなる1分11秒669をマークし、一瞬総合トップに立ちましたが、最終的にはウェイトハンディの軽いホンダ勢3台に次ぐ、4番手グリッドとなりました。しかし2列目4番手グリッドは、十分に決勝レースで優勝が狙えるポジションです。
 
 明けて日曜日、朝からサーキットは雨。しかし時折雨があがり、曇ったり降ったりという悩ましい天候に、決勝レースの波乱を予感させました。スタート時間が近づく頃には、一旦、雨も上がり、みるみる路面が乾きはじめました。
 
 決勝スタート直前まで、グリッド上では各チームがタイヤ選択に頭を悩ませていましたが、LEXUS TEAM WedsSport BANSDOHは最終的にスリックタイヤをチョイス。
 
 我々を含めた4台を除く11台はウエット路面を予想して、スタート直前にレインタイヤに交換しました。しかしパレードラップ、フォーメーションラップと進むにつれ、無情にも雨が次第に強く降り始めたのです。


本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング