スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.27 11:38

スーパーGT:LM corsa 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート


スーパーGT | スーパーGT:LM corsa 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート

2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第6戦鈴鹿サーキット レースレポート
◆8月26日(土)<予選>天候:曇り|コース状況:ドライ
#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 5位

真夏の3連戦を締めくくる「第46回インターナショナルSUZUKA 1000km」
JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は坪井翔のドライビングで予選Q1を9位で突破し、中山雄一が予選Q2でGT3勢では2番手となる5位を獲得した。

 7月後半から約1ヶ月間で3連戦という過酷なスケジュールが組まれている2017年のAUTOBACS SUPER GTシリーズ。真夏の連戦の締めくくりとなる第6戦の「第46回インターナショナルSUZUKA 1000km」が鈴鹿サーキットで開催された。
 3週間前におこなわれた第5戦の富士スピードウェイラウンドは、選択したタイヤがコースコンディションと合わず、予選ではシーズン初となるQ1敗退を喫したJMS P.MU LMcorsa RC F GT3。17番手スタートとなった決勝レースは、二人のドライバーとチームが一丸となって9番手まで追い上げ、厳しいレースながらも2ポイントを獲得した。
 今戦のSUZUKA 1000kmは決勝レースが6時間に迫るハードな戦いになる。そのため、付与されるシリーズポイントは通常のレースより多く、最大5ポイントがプラスされる。
 現在シリーズランキング5位のJMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、60Kgのウエイトハンデを課せられている。また、BoP(性能調整)によってリストリクターが前戦の40.0mm×2から38.0mm×2に絞られているが、是が非でも上位に入賞し、少しでも多くのポイントを獲得したいレースである。

2017スーパーGT第6戦鈴鹿
5番手を獲得したJMS P.MU LMcorsa RC F GT3

 第6戦のスケジュールは、8月26日(土)に公式練習と予選、27日(日)に1000kmの決勝レースがおこなわれる。まずは、9時20分から1時間45分に渡る練習走行が始められた。鈴鹿サーキットは明け方からの通り雨によってコースが濡れ、走行開始時には雨は止んだもののコースコンディションはウエット。そのため、最初はウエットタイヤを履いてコースインすることになった。路面は45台のマシンが走行する中で乾いていき、開始1時間を越えると完全にドライコンディションへと変わる。JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、これまでの5戦では中山が最初にステアリングを握りセットアップを行なってきたが、今回は坪井が最初に乗り込む。ニュータイヤでの走行経験が少ない坪井がタイヤの特性を確かめることが目的で、ミディアムとハードの2種類のタイヤを試しながら15周を周回。タイムは2分0秒010でGT300クラス30台中3番手のタイムとなった。中山は公式練習では走行せず、その後におこなわれたサーキットサファリで最終チェックをおこなうのみで予選前の走行を終えた。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング