スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.05.18 12:38

Gulf Racing、SGT富士に新車投入もレース序盤の接触でラジエター破損しリタイア


スーパーGT | Gulf Racing、SGT富士に新車投入もレース序盤の接触でラジエター破損しリタイア

Gulf Racing with PACIFIC『GULF NAC PORSCHE 911』
新車投入も序盤の接触で無念のリタイア

#9 GULF NAC PORSCHE 911 レース結果
2016 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 FUJI GT 500km RACE

5月3日(火・祝) 予選 天候/コース:晴れ時々曇り/ドライ
予選Q1ポジション:23位(1’38”046)

5月4日(水・祝) 決勝 天候/コース:雨のち晴れ/ウェット~ドライ
決勝ポジション:リタイア(Best Lap 1’41”156)

 ゴールデンウィーク恒例のスーパーGTシリーズ第2戦が、5月3~4日に富士スピードウェイにおいて開催。Gulf Racing with PACIFIC『GULF NAC PORSCHE 911』(阪口良平/吉田広樹/ディラン・ダーダエル)は、決勝レースの序盤に突如失速した車両を避けきれずに接触。ラジエターが破損したためにピットインし、レースを終える結果となった。

 開幕戦の岡山で車両火災に遭った『GULF NAC PORSCHE 911』だったが、ドイツから新車が届き4月28日にはシェイクダウンテストを行い、GULFカラーを施しての富士入りとなった。富士スピードウェイは1.5kmのストレートを持つ日本屈指のハイスピードコース。しかしながら後半の第3セクターは上りながらのテクニカルセクションで、それなりのセッティングも必要となる。さらに今回は通常の300kmより長い500kmレースであり、ピット作業も1回多く迅速な仕事も要求される。最低車重は開幕戦より10kg軽くなり1,245kgとなったが、ストレートスピードの伸びない2016年モデルのポルシェ911 GT3Rは苦戦が強いられそうだった。

 3日朝の公式練習には15台のGT500車両と29台のGT300車両、あわせて44台がコースイン。阪口がセッティングを確認しながら走り、今回がスーパーGTデビュー戦となり富士の経験の少ないダーダエルが13周。吉田はセッティングを確認して5周するにとどまった。阪口がマークしたベストタイムは1分38秒619で参加29台中21位。3月の合同テスト同様のポジションとなった。公式予選Q1は、阪口がステアリングを握りコースイン。阪口はタイヤに熱を入れながら6周目に1分38秒046までタイムアップしたが、全体的にもタイムアップしており23番手。これでQ2に進出できるトップ14に入ることはできず、ここでスターティンググリッドが確定した。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング