スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.11.17 18:31

スーパーGT:TEAM UPGARAGE with BANDOH 2017年第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | スーパーGT:TEAM UPGARAGE with BANDOH 2017年第8戦もてぎ レースレポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round8
「MOTEGI GT GRAND FINAL」

●開催日:公式予選 11月11日(土)/決勝 11月12日(日)
●開催地:ツインリンクもてぎ 4.801km
●入場者数:11月11日(土)1万9500人 11月12日(日)3万6000人 大会総入場者数:5万5500人

 2017年最終戦がツインリンクもてぎにて行われました。シーズン最後となる今大会ではウエイトハンデを下し、開幕戦以来のノーハンデでの戦いとなりました。予選日の朝にポツポツと雨が落ちた時もあったが、その後は綺麗な青空の中予選、決勝が行われました。予選はQ1を中山選手が担当し4位で通過し、Q2を川端選手が7位を獲得し前方からのスタートとなりました。

 決勝はスタートの混乱で順位を落としてしまうものの、ピットワークの速さとその後のハイペースでのラップにより入賞が見えておりましたが、他車に追突され再び順位を大きく落としてしまい、16位でレースを終えました。

●11月11日(土) 公式予選:7位

天候:晴
コース:ドライ
気温/路面温度 
GT300:Q1開始時17℃/22℃
Q2開始時17℃/22℃
Q2終了時17℃/21℃

 今シーズン最終戦の為、ウエイトハンデを下し、開幕戦以来のノーハンデの戦いとなりました。18号車UPGARAGE BANDOH 86もそれまでのウエイトハンデがなく本来のポテンシャルを発揮し、悲願の表彰台を目標にサーキットに乗り込みました。

 天気予報では雨の可能性もあり、フリー走行直前にポツポツを雨粒が落ちることもありましたが、路面を濡らすほどではありませんでした。その後は雲も晴れていき、青空のもとでの走行となりました。

 公式練習は中山選手から走り出し、走行開始直後コースオフした車両があった為、赤旗中断もありましたが、6周目には1分48秒127で、その時点でのトップタイムを叩き出しました。セッティングを微調整した後、川端選手に交代し、走行を重ねていきました。続くGT300の占有走行まで川端選手が走りきり、10番手で走行を終えました。

 午前中の走行の結果から予選に向けてはリアスプリング、フロントスタビライザー、ダンパーセッティング、リアウイング、車高と大きくセッティングを変更し予選に臨みました。

 予選Q1は確実に予選で上位へ行く為に中山選手が担当しました。タイヤはソフトタイヤを選択し、挑みました。

 14時ちょうどから予選(Q1)は開始され、続々とコースインしていく中、18号車UPGARAGE BANDOH86は発熱のいいソフトタイヤの為、3分間ピットで待ってからコースインしていきました。アタックのスペースとタイミングを見ながら、順調にタイムを上げていき、4周目にアタックを開始しました。

 各セクターでタイムを更新していき、1分47秒552で3番手のタイムを叩き出します。その後88号車が記録を更新した為、4番手でQ1を終えました。

 予選Q2は川端選手が担当しました。Q1の走行状況からタイヤはミディアムコンパウンドを選択し、14時45分の開始と共にコースインしていきました。ミディアムコンパウンドの為、ソフトタイヤ以上にしっかりとタイヤに熱を入れながら、アタックしていきました。

 4周目にQ1のタイムを上回る1分47秒465を記録し3番手まで上がりました。しかし、他車もQ1以上にタイムを更新していき、最終的に7番手で予選を終えました。

 ポールポジションは4号車のグッドスマイル初音ミクAMG、2位は55号車のARTA BMW M6 GT3、3位は65号車のLEON CVSTOS AMGという結果となりました。


本日のレースクイーン

Arrange Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング