スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.23 22:21

ZENT CERUMO RC F スーパーGT第4戦SUGO 予選レポート


スーパーGT | ZENT CERUMO RC F スーパーGT第4戦SUGO 予選レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Report
SUGO GT 300km RACE

第4戦 スポーツランドSUGO

ZENT CERUMO RC F

#38 立川祐路/石浦宏明

◆7月23日(土) QUALIFY
公式予選総合結果 3位(1分10秒936)

<公式予選>天候:曇り コース状況:ドライ

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOにとって悪夢のような幕切れとなってしまった第2戦富士から約ひと月半。平成28年熊本地震の影響によって第3戦に予定されていた九州・オートポリス戦がキャンセルとなってしまったため、SUPER GTは長いインターバルを経て、7月23〜24日の第4戦を迎えることとなった。舞台は宮城県のスポーツランドSUGO。タイトなコースレイアウトで、毎年のように波乱が起きるサーキットだ。

 しかし、第1戦、第2戦と苦しい戦いを強いられてきたLEXUS TEAM ZENT CERUMOにとって、これ以上の取りこぼしは許されない。チームはインターバルの間、鈴鹿でのメーカーテストや公式テスト、SUGOでの公式テスト等、さまざまな走行の機会でクルマを煮詰めてSUGOに乗り込んだ。立川祐路、石浦宏明というふたりのドライバーはリラックスした表情をみせつつも、どこか堅い信念をもってサーキットに入ったようにも見えた。

 チームは入念にピット作業の練習や整備を終え、7月23日(土)の予選日に臨んだ。今回村田卓児エンジニアは、7月らしい気候とSUGOでの公式テストで得られたデータをもとにセットアップを行い、タイヤをチョイスしてZENT CERUMO RC Fをサーキットに持ち込んだ。

 午前9時15分からの公式練習では、立川がステアリングを握りコースイン。8周を終え一度ピットに戻り、さらに12周を終え再度ピットへ。16周目には1分11秒872というタイムをマークするが、18周を終え三度ピットに戻る。

 立川は22周をこなし、今度は石浦へバトンタッチ。石浦もGT500クラスの専有走行の時間帯で1分11秒597というベストタイムをマークし公式練習を終えたが、この1時間45分のセッションで最速となったNo.100 NSX CONCEPT-GTのタイムは1分11秒057。ZENT CERUMO RC Fは10番手タイムに終わってしまった。


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング