スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.25 18:03

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第4戦SUGO 決勝レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第4戦SUGO 決勝レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Report

SUGO GT 300km RACE

第4戦 スポーツランドSUGO

ZENT CERUMO RC F
#38 立川祐路/石浦宏明

◆7月24日(日) RACE
決勝結果 3位

<決勝>天候:曇り コース状況:ドライ

 7月23日(土)の公式練習での不調から3番手グリッド獲得までこぎつけ、さらなる上位進出を目指しLEXUS TEAM ZENT CERUMOは7月24日(日)の決勝日を迎えた。スポーツランドSUGOは予選日の夜から雨が降り出し、決勝日の早朝には上がったものの、ウエットパッチが残る状況。ただ、スリックタイヤでの走行は問題なさそうで、午前9時からのフリー走行で、スリックを履いてのロングランの確認を行うべくコースインした。

 ZENT CERUMO RC Fは石浦宏明がステアリングを握ったが、フリー走行開始直前に細かな雨粒が舞いはじめる。さらに、開始3分にNo.19 RC Fがコースアウトしたためすぐに赤旗提示。この赤旗はすぐに解除されたものの、その頃には雨の量が増えはじめ、石浦はたまらずピットへ。レインタイヤへの交換を強いられた。

 石浦は合計6周をこなすとピットに戻り、立川に交代。7周をこなした立川は、最終周に1分21秒922というタイムをマークし、このフリー走行は4番手で走行を終えた。ただ、スリックでのペース確認は結局30分間の走行では行うことができなかった。

 午前11時15分からのピットウォーク等、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは決勝日のスケジュールをこなしながら午後2時のスタートのときを迎えたが、その間も雨は降ったり止んだり。ただ、午後0時50分からのスタート進行ではスリックでの走行が可能で、ここでクルマの確認を行い、レースに臨むこととなった。


本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング