スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.25 21:30

スーパーGT、フルコースイエローシステムの導入を検討。来季導入か?


スーパーGT | スーパーGT、フルコースイエローシステムの導入を検討。来季導入か?

 7月24日にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT第4戦では、26周目に最終コーナーでマッハ車検 MC86がクラッシュしたためセーフティカーが導入された。SUGOでは2015年もセーフティカーが入り、レース展開を大きく左右することとなったが、このセーフティカーについて、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションの坂東正明代表は、来季に向けてフルコースイエローの導入を検討していると語った。

 スーパーGTでは、2015年のSUGO戦でDENSO KOBELCO SARD RC Fがクラッシュし、その際に導入されたセーフティカーがピットウインドウと重なっていたため、ピットにマシンが殺到。ピット出口のマシンがファーストレーンを塞ぐ形になってしまい、ピットアウトするマシンによる渋滞が発生するという事態が起きた。

 こういった事態を避けること、またマシンが殺到し、ピットレーン上の安全に関わる事態になることを避けるため、2016年からは新たにセーフティカー中にピットインした場合、ペナルティが課せられるレギュレーションが施行された。ただ、今季第2戦では給油のタイミングでSCが出動し、燃料が不足したS Road CRAFTSPORTS GT-Rがピットインしペナルティを課せられ、優勝争いから脱落するなど、新たな問題も噴出していた。

 一方、WEC世界耐久選手権では、フルコースイエロー(FCY)システムにより、コース上でアクシデントが起きた場合、トラック上を走行しているマシンはすべて80km/hに速度を落とし、さらに深刻なアクシデントの場合セーフティカーを導入。なるべくレースを止めない工夫が為されている。また、ル・マン24時間ではスローゾーンという、区間によりスローダウンさせるシステムも導入されているが、FCYについては、スーパーGTでも導入すべきではないかという声が第2戦富士の後、多く聞かれていた。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング