スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.01 15:06

DIJON RACING スーパーGT第4戦SUGO レースレポート


スーパーGT | DIJON RACING スーパーGT第4戦SUGO レースレポート

=========================================================
 2016 SUPER GT 第4戦 スポーツランドSUGO レースレポート
 日程:予選/7月23日(土),決勝/7月24日(日)
 開催地:スポーツランドSUGO(宮城県村田町)/3.704km
 観客動員:予選日/8,900人 ,決勝日/29,500人
 ドライバー:Takamori博士、青木孝行
 結果:予選:GT300クラス13位(Q1:14位 / Q2:13位)
 決勝:GT300クラス17位
=========================================================

 本来であれば今大会前にシリーズ第3戦オートポリス大会が予定されていたが、熊本地震の影響で中止となり、ゴールデンウィークに行なわれた第2戦富士大会から実に約2か月半ぶりのシリーズ戦開催となった。毎年、沢山のお客様が御来場されるSUPER GT第4戦『SUGO GT 300km RACE』だが、久々のSUPER GT開催となり、予選:7月23日(土)、決勝:7月24日(日)の2日間で38,000人以上の観客動員となった。

 今回の舞台となるスポーツランドSUGO(宮城県村田町)は地形を生かしたアップダウンの大きいレイアウトが特徴となり、短いコース距離、狭いコース幅も相まって毎年激しいバトルが展開される。DIJON Racingは前回の富士大会で第3ドライバーを務めた青木孝行を引き続き起用し、Takamori博士と青木孝行のコンビでSUPER GT第4戦『SUGO GT 300km RACE』に挑んだ。

■7月23日(土) 公式練習
 朝から多くのファンが訪れたスポーツランドSUGO。曇り空の下、9時15分から行われた公式練習では青木がまずステアリングを握り、マシンの持ち込みセットアップを確認。すぐにTakamori博士へ交代し、連続ラップを行う。DIJON Racing GT-Rはトラブルに見舞われることなく、予選に向けてマシンセットアッププログラムを順調に進めていった。

 セッションも終盤に入り、間も無くGT300クラスの占有走行時間が目前に迫った頃、SPコーナーでGT300車両がクラッシュして赤旗中断となる。残り時間7分で公式練習が再開されるが、DIJON Racingは予選に向けてのプログラムをほぼ終了させていたこともあり、このセッションの走行を終了させた。

 このセッションの結果はGT300クラス20位。しかしライバル勢とのギャップは大きくはなく、午後より行われる予選は非常に激しいアタック合戦が繰り広げられると予想される結果であった。

DIJON Racing GT-R
DIJON Racing GT-R

本日のレースクイーン

GREEN TECエボリューションギャルズ
桐嶋しずく(きりしましずく)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング