レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.04.10 10:32
更新日: 2018.05.08 11:17

LEXUS GAZOO Racing スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | LEXUS GAZOO Racing スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

スーパーGT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE
平川/キャシディ組LEXUS LC500が9番手から追い上げ3位表彰台
大嶋/ローゼンクビスト組が4位

 スーパーGTが岡山国際サーキットで開幕。ディフェンディングチャンピオンの平川亮/ニック・キャシディ組 KeePer TOM’S LC500 1号車が9番手スタートから怒濤の追い上げを見せ、3位表彰台を獲得。大嶋和也/フェリックス・ローゼンクビスト組 WAKO’S 4CR LC500 6号車が4位に入りました。

 4月7日(土)~8日(日)の両日、岡山県美作市の岡山国際サーキットで、スーパーGTの開幕戦、OKAYAMA GT 300km RACEが開催されました。

 日本のモータースポーツで最高の人気を誇るスーパーGTが今年も開幕。昨年、LEXUS GAZOO Racingは新規定にあわせて投入した『LEXUS LC500』で開幕から4連勝という圧倒的な強さを見せ、見事参戦初年度にしてタイトルを勝ち取りました。

 新規定2年目となる今季、ライバル勢の巻き返しも一層激しくなることが予想されるなか、LEXUS GAZOO Racingは新たなドライバーの加入など、更に強力なチーム体制の下、熟成を進めたLEXUS LC500と共に2年連続のタイトル獲得へ向け、開幕戦の岡山ラウンドに臨みました。

予選

 7日(土)は4月とは思えないほど寒い気候となり、午前中の公式練習走行終盤には、雨に雹が混じる程。予選開始時点では、路面は乾いていたものの、気温9度、路面温度15度という低温下で午後2時45分にノックアウト方式で予選が開始されました。

 3月に行われた岡山公式テストでは、好タイムをマークし、2年連続勝利へ向け期待が高まっていたLEXUS LC500勢でしたが、この予想外の気温にセッティングを合わせきれず苦戦。

 Q1では、今季スーパーGTに新たに参戦するフェリックス・ローゼンクビストのWAKO’S 4CR LC500 6号車が4番手、同じく今季よりGT500クラスにデビューすることとなった山下健太の駆るWedsSport ADVAN LC500 19号車が7番手でQ2進出を果たしました。

 しかし、低温下の厳しいコンディションの下、上位14台が1秒位内に入るという僅差の争いの中で、昨年のウイナーであり、ディフェンディングチャンピオンでもあるKeePer TOM’S LC500 1号車は僅か0.1秒及ばず9番手でQ2進出ならず。
 
 ZENT CERUMO LC500 38号車が10番手、直前のサーキットサファリでクラッシュを喫しながらも懸命な修復でQ1に出場したau TOM’S LC500 36号車が14番手、DENSO KOBELCO SARD LC500 39号車が15番手と、4台がQ2進出を逃し、後方グリッドから決勝での追い上げを余儀なくされることとなってしまいました。

LEXUX GAZOO Racingのドライバー


関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
有栖未桜(ありすみお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング