スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.14 11:03
更新日: 2018.05.14 11:04

30号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | 30号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第2戦富士 レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND 2 富士スピードウェイ
開催地:富士スピードウェイ(静岡県)/4.563km

5月3日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:3万1300人
5月4日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:5万5000人

たび重なった不運……。しかし、2戦連続でしっかり完走果たし、積み重ねたデータを今後に活かす

 富士スピードウェイを舞台に、スーパーGTシリーズの第2戦、『FUJI GT 500km RACE』が5月3~4日に開催された。全8戦で争われるシリーズに、今シーズンもaprは2台のトヨタ プリウスZVW51を走らせ、#30 TOYOTA PRIUS apr GTを3年目のタッグとなる、永井宏明選手と佐々木孝太選手に託すこととなった。

 岡山国際サーキットで行われた開幕戦は予想外の低温に悩まされ、特に予選でタイヤがまったくマッチせず、佐々木選手をもってしてもQ1を突破できず、下位に沈んでしまったことが最後まで尾を引いてしまっていた。いくぶん決勝では温度も上がったものの、そのタイヤでスタートしなくてはならなかったため、激しい追い上げもままならず。それでも永井選手、佐々木選手ともに執念の走りで完走を果たしたことで、貴重なデータを積み重ねることができた。

 今回の舞台、富士スピードウェイは長いストレートを持つことから、エンジンパフォーマンスに優れるFIA-GT3が有利だとされるが、実はセクター2に高速コーナーを、セクター3には低速コーナーを備えることで、旋回性能も大いに問うサーキットでもある。加えて、今回のレースは通常より200km長い500kmで争われ、2ピットの義務づけもあるだけに、JAF-GTは燃費に優れることもあって、必ずしも絶対不利とは言えないはず。そのあたりのメリットを最大限に活かし、開幕戦の雪辱が晴らされることが期待された。

公式練習 5月3日(木・祝)12:50~13:20

 本来ならば公式練習は8時40分から1時間35分間に渡って行われるはずだったが、コースは濃霧に包まれ、視界不良のためディレイが繰り返された。まずは公式予選後のサーキットサファリの中止が発表され、その後の監督ミーティングによってスケジュールの大幅な変更が決定されることに。
 
 公式練習は30分間に、予選は20分間に短縮され、通常のノックアウト方式ではなく、一発勝負に改められることとなった。

 短い時間を有効に活用するため、佐々木選手はコースオープンと同時に走行を開始し、ちょうど折り返しのあたりまで周回を重ねていく。1分39秒334にまで短縮を果たしたところでピットに戻って、永井選手と交代する。永井選手は残りの10分間、チェッカーが振られるまで連続周回を行い、1分40秒501をマークすることとなった。

予選 5月3日(木・祝)14:45~15:05

 一発勝負となった予選は、ひとりだけ走るも良し、複数のドライバーが走っても良しとされたが、20分間の短い計測では当然ひとりだけ走る方が効率的である。もちろん永井選手にマイレージを稼いでもらいたい気持ちはあったものの、そこは断腸の思いで佐々木選手にすべてを託すこととなった。

 決勝レース重視のタイヤ選択でもあったから、強烈な一発の速さは望むべくもなかったとはいえ、佐々木選手は周回を重ねるごと着実にタイムを刻み続け、ついに1分38秒179を記すまでに。だが、その周は4輪脱輪があったとの判定により、採用されないこととなってしまう。
 
 しかしながら、佐々木選手は更新こそならなかったとはいえ、先のタイムを出した次の周、まさにラストアタックでも1分39秒594をマークしていたため、なんとか25番手に踏みとどまることとなった。これも佐々木選手の執念があったからこそ、なし得ることができたと言えるだろう。

予選後コメント


本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング