スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.21 07:00
更新日: 2018.05.21 02:34

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT Report
SUZUKA GT 300km
第3戦 鈴鹿サーキット

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆5月20日(日) RACE
決勝結果 8位

 強風が吹き荒んだ公式予選から一夜明け、SUPER GT第3戦鈴鹿は5月20日(日)、決勝日を迎えた。朝から晴天に恵まれた鈴鹿サーキットには3万3000人もの観衆が訪れ、午前10時から行われたピットウォークも、大きな賑わいをみせた。

 前日の予選では10番手と苦しい結果に終わってしまったLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、決勝レースでの逆襲を狙うべく改良点を見出し、作業を行い決勝前のウォームアップ走行に備えた。ただ、午後1時05分から予定されていたウォームアップは、サーキットの計時システムトラブルで40分遅れる。その後のスケジュールも40分遅れることになってしまった。

 そんななか、ウォームアップ走行でZENT CERUMO LC500は石浦宏明がステアリングを握りコースへ。立川祐路に交代しながら周回を重ね、1分51秒553というベストタイムをマーク。6番手で終える。

 午後3時20分からスタートしたパレードラップ、そして1周のフォーメーションラップに続きスタートした52周の決勝レース。ZENT CERUMO LC500は立川がステアリングを握り、まずは前を行く#19 LC500を追っていく。タイトな鈴鹿サーキットで上位陣はそれほどギャップが広がっていかず混戦模様。まだまだチャンスはありそうだ。

 立川はGT300クラスの周回遅れが出はじめると、これをうまく利用して7周目には#19 LC500をオーバーテイク。シングルポジションとなる9番手に浮上する。上位争いはまだまだ混戦で、立川もチャンスをうかがいながら首位を追った。

 迎えた12周目、デグナーカーブ立ち上がりで#39 LC500がストップしてしまったため、この回収のためにセーフティカーが導入される。17周目にセーフティカーは解除されるが、ここでGT500クラスは2台がピットイン。また、上位争いをしていたライバルもピットへ向かった。

 これを見たLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、早めにピットインしてクリアな状態で走行しようと21周を終えて立川をピットへ呼び戻した。チームは迅速な作業で石浦宏明をコースへ送り出す。コースにZENT CERUMO LC500が戻ると、前には2〜3周前にピットインを済ませていた#19 LC500、#3 GT−Rが、後方には1周後にピットインした#24 GT−Rがつける展開となった。

ZENT CERUMO LC500


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング