スーパーGT ニュース

2018.05.25

TEAM IMPUL スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT Round3
SUZUKA GT300km Fan Festival
2018.5.19 Sat~20 Sun

表彰台へあと一歩も今季最上位の4位

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー

 第2戦富士から約2週間、鈴鹿サーキットでの第3戦を迎えました。鈴鹿でのレースは例年8月にレース距離1000kmで行われていましたが、今年は5月に移動し、300kmで開催されました。これまでとは違った鈴鹿での戦いを、富士に続いて大観客がその行方を見守りました。

5/19(土)公式予選

天候:晴れ コース:ドライ
気温/路面温度:21度/32度(GT500 予選開始時)
18度/28度(GT500予選終了時)
観客動員数:20,000人

 予選日は晴れ、素晴らしい天候となりました。しかし、1日を通して強風が吹き荒れた鈴鹿サーキット。安全を考慮してイベント広場で行われる予定のトークショーなどが相次いで中止となるほどでした。14時55分開始のGT500クラス予選Q1は、GT300クラス予選Q1での赤旗の影響があり遅延して15時5分に始まりました。

 予選Q1は15分間で行われました。アタックドライバーは、ヤン・マーデンボロー。開始後の序盤はピット内で待機し、ピットアウトのタイミングを見計らいます。残り時間9分30秒でコースイン。路面温度が予想よりも低く、タイヤのウォームアップを入念に行いタイムアタックへと入っていきます。
 
 残り時間約1分半でコースレコードとなる1分45秒596のベストタイムをマーク。Q2へ進出できるトップ8圏内に無事突入していきます。そしてヤンは続けてアタックを行い、チェッカーと同時に1分45秒857のタイムを残しますが、更新することはできず。
 
 ホンダNSX陣営が席巻し、また路面温度が低いことと風の影響があったかGT500クラス全車がコースレコードを更新するQ1でしたが、カルソニック IMPUL GT-R、しぶとく6番手で今季初のQ2進出を果たしました。(第1戦岡山は予選11位、第2戦富士は約20分間の計時予選)

 続く予選Q2は10分間で行われました。アタックドライバーは佐々木大樹。予選開始後すぐにコースインし、タイムアタックへと向かいます。直後、他車がスピンアウトしコース上に砂利を撒く場面もありましたが大きな混乱はなく、そのままセッションは進行していきます。
 
 佐々木はQ1のヤン同様に入念にタイヤをウォームアップし、アタックへと入っていきます。残り時間1分を切るところでベストタイムの1分45秒351をマーク。最終的に6位となりましたが、今季最上位のサードローグリッドから決勝レースをスタートすることとなりました。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング