スーパーGTニュース

2018.09.20

GOODSMILE RACING & Team UKYO 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート


GOODSMILE RACING & Team UKYO

2018年9月吉日

GOODSMILE RACING & TeamUKYO レースレポート 6
ライバルの猛追を振り切り、SUGOで3位初表彰台

2018 AUTOBACS SUPER GT Round6 SUGO GT 300km RACE
会期:2018年9月15〜16日
場所:スポーツランドSUGO(宮城県)
天候:晴れ 観客:41400人(2日間)
予選:8位
決勝:3位
獲得ポイント:11P
シリーズ順位:3位(45P)

■9月15日(土) マシンは悪くないが予選は8番手に
 SUPER GT 第6戦が9月15〜16日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。例年、第4戦で7月に開催されているSUGO戦だが、2015年以来の9月の第6戦というスケジュールになった。夏と秋では気温と路温が違うため、タイヤ選択や作戦も変わってくる。

 15日の予選日はやや天気が悪く、朝から曇りで霧も発生していた。予報通り雨も降り、練習走行では完全にウェットコンディションだったが、予選前のサポートレース(FIA-F4)の頃から乾き始め、予選直前にはラインはすっかり乾いていた。だがコースは濡れているエリアもあり、予選1回目はウェット宣言(レインタイヤを履いてもよいという宣言)が出されていた。

 なお、今大会の予選はシーズン初のグループ分けを実施。第5戦までのランキングを元に奇数が予選Aグループ、偶数が予選Bグループとなり、それぞれ10分間のセッションでタイムを競い、各グループの上位7台が予選2回目へと進めるルールだった。

 0号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)は、Aグループ。予選1回目直前の気温は23度、路温が25度と、雨は上がったがタイヤが温まりにくいコンディションだ。予選1回目のアタックを担当した谷口選手は2周目に「1’21.451」を記録し、周回を重ねるごとに20秒台、19秒台とタイムを詰め、6周目に「1’19.433」を出して、5番手で通過した。

 予選2回目は片岡選手が担当。GT500の予選1回目を挟んだので、この頃には路面は完全にドライコンディションになっていた。コースインして徐々にペースを上げていく片岡選手。3周目に「1’18.994」と、18秒台に入れる。その後、5周目に「1’18.928」とタイムを更新したものの、1位は17秒台、上位陣も18秒台前半という接戦だったため、8位という結果になった。決勝レースは8番グリッドからのスタートになる。

グッドスマイル 初音ミク AMG

グリッドでフラッグを担当したサポーターたち

スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング