スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.09.25 17:57

31号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート


スーパーGT | 31号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND 6
スポーツランド SUGO
開催地:スポーツランド SUGO(宮城県)/3.704km
9月15日(予選)天候:曇り一時雨 コースコンディション:ドライ一時ウエット 観客数:1万2900人
9月16日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:2万8500人

90kgのウエイトハンデ積んでなお、入賞が見えてきた終盤、後続車両の追突によって、無念のリタイアを喫す

 全8戦で争われるスーパーGTシリーズの第6戦、『SUGO GT 300km RACE』がスポーツランドSUGOで開催された。今年もaprは2台のトヨタ・プリウスZVW51を走らせ、『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』を、新たにコンビを組むことになった、嵯峨宏紀選手と平手晃平選手に託すこととなった。

 第2戦から入賞を重ねる『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』は、前回の富士スピードウェイで今季3回目の表彰台獲得となる3位につけたことから、ランキング2位をキープ。しかも、トップをわずか6ポイント差におさめている。

 その一方で、名誉の勲章と言えるウエイトハンデは90kgにも達していた。本来ならば、苦戦を余儀なくされる重さながら、『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』とSUGOの相性は良く、2016年には優勝、2017年にも5位に入っているだけに、きっとハンデをはねのけてくれるに違いない。

公式練習9月15日(土)9:00~10:40

 今年の夏は連日猛暑続きだったが、さすがに9月も半ばに差し掛かると、秋の気配も漂うようになって、ようやく高くない温度の中で走れるようになった。最初の走行となる公式練習スタート時の気温は21度、そして路面温度23度となっていた。

 温度以上に気になるのは、上空には雲が一面に広がり、いつ雨が降ってきてもおかしくないことだった。もっとも、この週末の天候は不順だと予報は伝えているだけに、ドライとウエット両方で走れて、セットアップを進められるのは、こと公式練習ではありがたい。問題はタイミングであったが。

 嵯峨選手が最初に『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』に乗り込み、いつものように計測開始とともにコースインし、すぐピットに戻ってくる。最初のセット変更を行った後、メニューは順調にこなされていった。2回ピットに入った後、ほぼ折り返しのところで、平手選手にバトンタッチ。この間、嵯峨選手の記したベストタイムは1分20秒317。交代直前に雨がいよいよ降り始めたが、まだ路面を濡らすまでではない。その証拠に、ドライタイヤのままで走り続けた平手選手は、ピットに入る直前に1分20秒302をマークしていた。

 1時間を経過して間もなく平手選手はピットに入り、最後の詰めを行う間に雨は強くなって、ここからウエットタイヤを装着。嵯峨選手がコースに送り出された直後に赤旗が出るが、残すGT300単独のセッションは短縮されず。

 降りしきる雨の中、1分29秒893をマークしたところで走行を終了した。ドライ~セミウエット~ウエットと、ひととおり路面状態を確認できたことで、実りある公式練習となった。


本日のレースクイーン

Tom’s
近藤みやび(こんどうみやび)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング