スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.11.26 10:28

Arnage Racing 2018スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | Arnage Racing 2018スーパーGT第8戦もてぎ レースレポート

SUPER GT Rd.8 MOTEGI 250km
2018/11/10~11/11

ミッションコンプリート!Arnage Racing チーム一丸でついにシリーズ全戦を完走、Aシード権獲得!!

 第7戦のオートポリスラウンドの後、3週間のインターバルを経て第8戦となるのは、最終戦もてぎラウンド。九州大会の激戦を物語るようにマシン外装の傷みは激しく、ガレージでは傷ついたサイドステップとアンダーパネルの補修が急ピッチで行われた。またストップアンドゴーが特徴のツインリンクもてぎに合わせて、ブレーキ関係を整備し、もてぎ仕様のセッティングが投入された。
 
 ここまでのレースをすべて完走で終えているArnage Racingにとって、最終戦もてぎラウンドはチームの目標である全戦完走を果たすチャンス。
意気揚がるチームは、晩秋の北関東へと乗り込んだ。

November 10th  Qualifying Day

曇り/ドライ 気温:22度(Q1開始時)/路面温度:24度
入場者;2万1000人

 最終戦のグリッドを決める土曜日の朝は、例年にない暖かい朝となった。サーキットの周辺では朝方雨が降ったため、公式練習が行われる時間になっても路面が乾ききらず、ウエット宣言が出されるなかでのスタートとなった。
 
 想定外のコンディションだったため、予定していたメニューをテストすることができず、チームはひとまず安岡選手をコースに出してウエットタイヤの確認を行い、その後マシンをピットに入れて様子を見ることにした。天気は次第に好転し、ほぼ路面が乾いてきたところでチームは再度マシンをコースに出し、安岡選手と加納選手が交代しながら、ドライタイヤでのマシンのフィーリングを確かめた。
 
 両選手は合わせて25周ほどを走行し、ハンドリングバランスの問題がないことを確認することができた。

 午後にかけて天気はさらに回復、お昼頃には汗ばむほどの陽気となった。14時からの予選は、今大会もQ1担当の安岡選手が、Q2進出をかけてアタックをスタート。安岡選手は、慎重にタイヤに熱を入れながらチャンスを伺うが、タイミングをうまく掴むことできない。
 
 4Lap目に1分48秒699をマークしたが、ウエイトハンデのなくなったライバル勢のタイムには及ばず、最終戦の決勝は25番手から追い上げることになった。
 
 チームは予選後、何度もドライバー交替のシミュレーションを行い、最後のピットワークを抜かりなく行えるよう練習を重ねた。

EXE AMG GT3
EXE AMG GT3


本日のレースクイーン

FORGETECH
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング