スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.09 12:43
更新日: 2019.05.10 14:36

GOODSMILE RACING & TeamUKYO 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | GOODSMILE RACING & TeamUKYO 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート

GOODSMILE RACING & TeamUKYO RACE REPORT 2

2019 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500km RACE
会期:2019年5月3~4日
場所:富士スピードウェイ(静岡県)
天候:雨
観客:9万1800人(2日間)
予選:6番手
決勝:6位
獲得ポイント:5P
シリーズ順位:7位(6.5P)

■FreePractice QF1-2

 令和元年のSUPERGT初イベントとなる2019年シーズン第2戦が、史上初の10連休となったゴールデンウイーク後半の5月3~4日に富士スピードウェイで開催された。このGW定番となった500km長距離レースに向け、4号車グッドスマイル 初音ミク AMGは参加条件となる性能調整(BoP/バランス・オブ・パフォーマンス)に見直しを受け、重量は+55kgへ微増の1340kgと相変わらず参戦車種中No.1の重量級ながら、パワーに影響するエンジンへの吸気量制限が緩和され、レースで重要な最高速がわずかに改善。反撃の季節に向け少しばかりの後押しを得ることになった。
 
 快晴の予選日に3万5800人を集めて始まった公式練習では、気温20度、路面温度27度のコンディションながら持ち込んだタイヤのソフト側となるミディアム、ハード側となるミディアムハードの双方ともに良好なグリップ感が得られず。ショートランでタイヤ評価を繰り返した片岡選手も、セッション中盤の早いタイミングでバトンを受け、軽いロングランをこなした谷口選手も曇り顔。前後のグリップバランスが定まらず、アンダーステア、オーバーステアの症状が頻発するため、ドライバーはその姿勢制御に多くの操作を要し、ブレーキング、ステアリング、スロットルの加減に常に神経を尖らせる必要があり長距離戦を戦う上では不安要素に。
 
 10時15分からのGT300クラス占有走行では、谷口選手が1分37秒281の自己ベストを記録も、最終的には片岡選手がセッション序盤に記録した1分37秒149のタイムで5位に。決勝に向け重要な最高速でも、マザーシャシーとなる5号車(ADVICSマッハ車検MC86)が記録したクラストップの280.519km/hに対し、4号車はGT3でも劣勢の271.357km/hが精一杯と、不安要素を抱えたまま公式練習を終えることとなった。
 
 そんなチームにいつも力を与えてくれるのは、サーキットに詰めかけ声援をくれるGOODSMILE RACING & Team UKYO個人スポンサーやファンの姿。今回のピットウォークでもドライバーサイン会では自主的に最後尾のプラカードを掲げ、サインガードでのステッカー配布も1コーナー方向にピット数個分は続こうかという長蛇の列が出現する人気ぶりとなるも、中盤からはファンが自主的に配布担当を買って出ることで待ち時間削減に貢献。誰もが”自分ごと”としてオーガナイズに積極参加する熱い姿が見受けられた。
 
 その力強い後押しを得て、午後14時30分から全29台参加でのレギュラー方式となったノックアウト予選では、今回も片岡選手がQ1を担当。予選で使用するタイヤのいずれかを決勝スタート時にも装着する規則のため、レース距離を見据えてハード側をチョイスした4号車は、タイムが期待できる1度きりのチャンスを活かすべく入念なウォームアップを進めて、計測3周目に1分37秒189をマーク。
 
「マシンバランスも好みでなく、セクター3では他車に引っ掛かり」ながらも11番手で通過を果たすと、Q2担当の谷口選手が同じく最初のアタックで1分36秒592という素晴らしいタイムを記録し、見事6番グリッドを獲得。一部では路面温度が40度を超えるトラック状況で、その路面改善以上のジャンプアップを果たし、上位8台までが0.776秒差という僅差のバトルをくぐり抜け、500km決戦に向け最善のポジションからスタートを迎える。

グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)
グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング