スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.08.07 11:49
更新日: 2019.08.07 11:59

ブリヂストン 2019スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | ブリヂストン 2019スーパーGT第5戦富士 レースレポート

開催場所:富士スピードウェイ
開催日:2019年08月03日(土)~2019年08月04日(日)

■2019年 SUPER GT 第5戦 富士スピードウェイ500mile [GT500]

大嶋和也/山下健太(WAKO’S 4CR LC500/BS)が第4戦に続きシリーズ最長の500マイルレースで連勝。ビッグポイント獲得でポイントを大きくリード

 シリーズ最長の500マイルレースは今季2回目の富士スピードウェイで開催された。

 前戦タイラウンド、チャン・インターナショナルサーキットでチームとして6年ぶりの勝利を飾った大嶋和也/山下健太(WAKO’S 4CR LC500/BS)は予選11番手から順位をアップし、セーフティカーが導入されたタイミングでピットロードがクローズされる直前にピットインして、後続に1周近いギャップを築いた後に大量リードを保って連勝。

 2位には10番手グリッドから追い上げたディフェンディングチャンピオンチーム、山本尚貴/ジェンソン・バトン(RAYBRIG NSX-GT/BS)が入った。

RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)
RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)

<予選>
 曇り空の下、気温31度、路面温度40度で予選セッションが開始された。

 第2戦でLEXUSのホームコース、富士スピードウェイで勝利した立川祐路/石浦宏明(ZENT CERUMO LC500/BS)がウエイトハンディ61kg(実ウエイト44kg+燃料流量リストリクター2ランク)という厳しい状況のなかで大健闘して4番手グリッドを獲得した。

 予選日の午前中に行われた練習走行で好調だった塚越広大/ベルトラン・バゲット(KEIHIN NSX-GT/BS)はQ2に進出して3番手タイムを叩き出した直後に1コーナー手前のブレーキングでトラブルが発生してコースオフ、クラッシュ。

 これによって赤旗が提示されてセッションが中断し、そのまま予選が終了となった。赤旗提示の原因となって塚越/バゲット組のタイムは抹消された。

 ポールポジションを獲得したのは、松田次生/ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTHECH GT-R/MI)。今季3回目のポールポジション獲得だった。

<決勝>
 真夏の太陽が照りつける決勝日。スタート時の気温は、33度。路面温度は一気に上昇して51度を記録していた。

 レースの序盤はポールスタートの松田/クインタレッリ組と2番手グリッドからスタートした平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ(CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/MI)。そして3番手グリッドからスタートした国本雄資/坪井翔(WedsSport ADVAN LC500/YH)がポジションをキープして進行した。

 その背後で立川/石浦組が着実に順位アップし、3位まで上がって2回目のピットストップ。しかし、ピットアウトした周に右フロントタイヤのホイールナットが外れ、コースオフ&クラッシュして戦列を去ってしまった。

 これによって今回最初のセーフティカーがコースイン。レース再開後にトップの松田/クインタレッリ組に中嶋一貴/関口雄飛(au TOM’S LC500/BS)が迫って周回を重ねるごとに差を詰めていた。だが、GT300クラスのマシンと接触して左フロントを大破してピットに戻ってリタイヤとなってしまった。

 中嶋/関口に代わってトップを追ったのは大嶋/山下組だった。コース上に1台のマシンがストップして、2回目のセーフティカーがコースインする直前にピットに滑り込み、作業を終え、ライバルがセーフティカー明けにピットインを終えると1分20秒以上の大差をつけてトップに立った。

 終盤にスパートをかけた山本/バトン組が迅速なピット作業とともに2番手に順位アップ。最終盤に松田/クインタレッリ組の猛追を凌いで2位ゴール。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング