スーパーGT ニュース

2019.09.09

LEXUS GAZOO Racing 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | LEXUS GAZOO Racing 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート

スーパーGT第6戦 AUTOPOLIS GT 300km RACE

急変する天候に翻弄されたオートポリスでヘイキ・コバライネン/中山雄一組LEXUS LC500が今季初優勝!
GT300クラスでは吉本/宮田組LEXUS RC F GT3が逆転初勝利

 九州・オートポリスで行われたスーパーGT第6戦は、好天から一転の雨で3度のセーフティカーが導入され、最後は乾いていくという天候に翻弄されたレースとなりましたが、ヘイキ・コバライネン/中山雄一組 DENSO KOBELCO SARD LC500 39号車が逃げ切って今季初勝利を挙げました。平川亮/ニック・キャシディ組KeePer TOM’S LC500 37号車が追い上げ3位表彰台。GT300クラスでも、終盤猛烈な追い上げを見せた吉本大樹/宮田莉朋組 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車がチームにとってLEXUS RC F GT3で初の勝利を飾りました。

 スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』が9月7日(土)、8日(日)の両日、大分県のオートポリスで開催されました。

 全8戦で競われている2019年シーズンのスーパーGTも今大会を含め残り3戦となりました。今季のLEXUS LC500勢は開幕戦こそ落としたものの、そこから4連勝中と強さを見せています。しかし、この好結果によりウエイトハンデも重くのしかかってきており、獲得ポイント×2kgの最後の戦いとなる今大会は、特にランキング上位の車両は厳しい戦いとなることが予想されます。

 しかし、LEXUS LC500にとって最後のシーズンとなる今季、タイトル獲得で有終の美を飾るためにも、ハンデの軽くなっていく終盤2戦へ向けて少しでも好成績を上げるべく、各チーム九州のマウンテンコースに挑みました。

■予選

 7日(土)接近していた台風の影響で風は強いものの雨はなく、気温28度、路面温度32度というコンディションで午後2時30分よりノックアウト方式の予選がスタート。上位8台がQ2へと進出するGT500クラスのQ1(15分)では、セッション前半は全車待機。残り7分半を切って坪井翔のWedsSport ADVAN LC500 19号車、そして39号車の中山雄一がまずコースインしていきました。

 セッション終盤、次々タイムが更新されていくなか、LEXUS勢では61kgのウエイトハンデを負いながらも石浦宏明が見事な走りを見せたZENT CERUMO LC500 38号車が2番手につけました。中嶋一貴のau TOM’S LC500 36号車が3番手、目下ランキング2位につけ、88kgのハンデを搭載する37号車のキャシディが4番手タイム。中山雄一の39号車が5番手で続き、LEXUS勢は4台がQ2進出を果たしました。

 坪井の19号車は僅かコンマ1秒及ばず、惜しくも9番手でQ1敗退。2連勝で120kg(搭載上限は100kg)ものウエイトハンデを科されたWAKO’S 4CR LC500 6号車は山下 健太の健闘も及ばず14番手となりました。

 Q2(10分間)でもライバル勢がタイムを更新していくなかで、関口雄飛の36号車が4番手タイムをマーク。ヘイキ・コバライネンの39号車が5番手、平川の37号車が7番手、立川 祐路の38号車は8番手から決勝レースのスタートを切ることとなりました。

 GT300クラスでは、若き宮田が序盤にマークしたタイムで60号車が6番手。ベテラン新田守男のK-tunes RC F GT3 96号車が14番手につけ、2台のLEXUS RC F GT3が上位16台によるQ2への進出を決めました。

 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 31号車が21番手、arto RC F GT3 35号車が23番手、TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30号車は26番手でグリッドが決定しました。

 Q2では阪口晴南がアタックした96号車が8番手、吉本の60号車が12番手グリッドとなりました。

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
高村みどり(たかむらみどり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング