スーパーGT ニュース

2019.09.12

K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート

LEON RACING
2019 AUTOBACS SUPER GT
Round.6 IN AUTOPOLIS 300Km RACE

新体制で挑んだ初戦は、予選13番手から7位までジャンプアップ!

公式練習 9/7(土)8:50~

天候:くもり
路面:ドライ
気温:24度
路面温度:26度

 全8戦で争われるスーパーGTは、いよいよ終盤戦に突入。第6戦の舞台は九州、大分県にあるオートポリスで、今回まで獲得したポイントの2倍となるウエイトハンデを積むため、ランキング上位陣には最も厳しき戦いを強いることとなる。

 さて今回から既報のとおり、黒澤治樹監督がチームの指揮を執ることとなり、また蒲生尚弥選手の新たなパートナーとして 菅波冬悟選手が起用された。

 公式練習では蒲生選手から走行を開始し、早い段階でその時点でのトップタイムとなる、1分46秒306をマークし、車のバランスの確認を取ってからは、決勝に向けたセットアップ、そしてタイヤの選定が行われた。

 ほぼ1時間を経過したところから、いよいよ菅波選手の番。LEON PYRAMID AMGを走らせるのは初めてのコースとあって、当初は慎重に周回を重ねていた菅波選手ではあったが、徐々にタイムを上げていって終盤のGT300専有走行では1分47秒台を連発し、自己ベストとして1分47秒083を記すまでに。高い適応力をアピールした。

公式予選 9/7(土)Q1/14:30~ Q2/15:15~

天候:くもり
路面:ドライ
気温:26度
路面温度:35度

 Q1を担当した蒲生選手は、セッション開始と同時にピットを離れ、入念にウォームアップを行った後にアタックを開始。

 1分45秒615をマークした後も引き続きアタックしていたが、わずかながらもタイムを落としてしまったことから、チェッカーを待たずに走行を終了するが、それでもLEON PYRAMID AMGは9番手でQ1突破に成功する。

 続くQ2は、SUPER GTで初めての予選に挑む菅波選手の担当に。

シーズン残り3戦での起用となった菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG)
シーズン残り3戦での起用となった菅波冬悟(LEON PYRAMID AMG)

 もちろん緊張はあっただろうが、黒澤監督のアドバイス、蒲生選手からのインフォメーションをしっかり受けて、ピットを離れていく。

 期待に応え、菅波選手は最初のアタックから公式練習で出したタイムを1秒上回る1分46秒066を記録し、続けてのアタックでは1分46秒056とわずかながらもタイムアップに成功。

 スーぱーGTデビュー戦でいきなりのQ2にかかわらず、13番手という結果を得ることに。「ミスもありました」と語る菅波選手。まだまだ伸び代はありそうだ。

決勝レース 9/8(日)14:40~


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
高村みどり(たかむらみどり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング