スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.11.16 14:28

本山哲 スーパーGT第3戦/第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | 本山哲 スーパーGT第3戦/第8戦もてぎ レースレポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Round3
「MOTEGI GT GRAND FINAL」 REPORT

【RD3】11月12日(土)天候:晴れ 路面:ウェット→ドライ
気温:11℃ 路面温度:12℃(予選開始時)
気温:18℃ 路面温度:24℃(決勝開始時)

■予選結果:6位 1’46.498(千代)
■決勝結果:8位 1:40’44.703(千代→本山)

 4月に開幕したスーパーGT2016シーズンは、約7か月間に渡る激戦を経ていよいよファイナルラウンドへと突入。

 九州・オートポリスで予定されていた第3戦がキャンセルとなったことで、今回のラウンドはS-GT史上初の二日間で2戦が行われ、ファンにとっては見ごたえのあるレースウィークとなった。

 この週末の1stレースとなる第3戦は、第7戦までの獲得ポイント×1kgというウェイトハンデルール。

 28kgを搭載する46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」は午前9時より、通常のノックアウト方式とは異なる15分間のアタックで行われる予選に挑んだ。

 今回の二日間の予選は、それぞれ出走するドライバーが一人に限られ、さらに第3戦と第8戦では異なるドライバーが出走しなければならないという特別ルール。

 46号車は第3戦の予選に千代が挑むことになった。前日の雨は早朝に止んでいたが、路面はまだこの時点でドライに回復しておらずタイヤ選択に各チームが悩む中、46号車はまずウェットタイヤでアウトラップのみを周回し路面を確認。その後本番用のレインタイヤに履き替え、再びコースへと向かった。

 路面の乾きとタイヤのウォームアップは各マシンがラップを重ねる毎に進み、タイムは徐々に伸びていった。

 千代も3周のウォームアップを経て4周目にアタックし、まず1’47.908をマーク。そしてタイヤのパフォーマンスがさらに向上した翌周のアタックでは一気に1’46.498まで削り4位へと浮上する。

 チェッカーまでの残り短い時間に各マシンがベストタイムを連発してくる中46号車はもう1周のアタックへと向かう。

 アグレッシブに攻める千代はセクター1でベストをマークするも90度コーナーで痛恨のタイムロスを喫し、それ以上のタイムアップは果たせず。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング