スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.11.16 19:53

TEAM IMPUL スーパーGT第3戦/第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL スーパーGT第3戦/第8戦もてぎ レースレポート

AUTOBACS SUPER GT Round3&8
MOTEGI GT GRAND FINAL

2016年 11月11日~13日
No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田裕信/J.P.デ・オリベイラ

今季2勝目に届かず、ランキング8位で閉幕

 5月に開催予定だった第3戦のオートポリスが熊本地震の影響で残念ながら中止となり、今回の最終戦のもてぎラウンドにおいて、土曜日と日曜日にそれぞれ1日で予選と決勝レースを行う変則的な2連戦で行われることとなりました。

 もてぎの2レースでは、チャンピオン争いにも残っていますが、とにかく2連勝を目指してドライバー、チーム共に強い決意でサーキット入りしました。

11/12(土) 第3戦公式予選
天候:晴れ コース:ウエット
気温/路面温度:開始時11℃/12℃

 朝から晴天となった栃木県芳賀郡茂木町のツインリンクもてぎ。

 公式練習が行われた11/11(金)の雨の影響で、コース上ウエット宣言が出されて第3戦の公式予選が始まりました。

 さらには、前日は1日を通して降雨となったため満足なセットアップ確認も行えず、また通常のラウンドのように朝のフリー走行がなくいきなり予選という、事実上ぶっつけ本番の予選アタックとなりました。

 GT300の予選終了後、9時ちょうどから始まったGT500予選。2人のドライバーを担当分けし、アタックする通常のQ1~Q2のノックアウト方式ではなく、1人のドライバーで15分間のベストタイムを競う方式で行われました。

 36kgのウエイトハンディが残る第3戦の予選を担当したのはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。ライバル勢が続々とコースインするのを尻目に、ピット内でステイ。残り12分50秒、スリックタイヤを装着するチームもあった中、オリベイラはウエットタイヤを装着し、ピットアウトしました。

 難しいコンディションとなりましたが、タイヤを温めてアタックに入ります。熱を入れて周毎にタイムアップ。計測5周目で1.47.103をマークしますが、トップタイムから遅れること1.218秒。この時、4位争い4台の最後尾の位置取りとなり、無念の11位に沈みました。

 抜きづらいサーキットレイアウトのツインリンクもてぎでは、予選順位が非常に重要となるため、午後に行われるレースは苦戦が予想されましたが、追い上げを誓いました。


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング