MotoGPニュース

2016.03.21

第1戦カタールGP MotoGP決勝:ロレンソが開幕戦を制し、2連覇へ向け好発進


MotoGP第1戦カタールGP ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)

 MotoGP第1戦カタールGP、MotoGPクラスは、カタールのロサイルインターナショナルサーキットで決勝レースを行い、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が優勝した。

 MotoGPクラスの決勝レースは気温21度、路面温度24度のドライコンディションでスタートした。ロレンソは好スタートでトップに立つが、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)のドゥカティ勢が1周目にトップに立ち、レースをリードする。トップ争いはイアンノーネ、ドビジオーゾ、ロレンソ、マルク・マルケス(ホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の5人によるバトルとなるが、6周目の13コーナーでイアンノーネが転倒し、リタイアに終わる。

 4台のバトルとなったトップ争いをリードしたのはドビジオーゾだったが、レース中盤の9周目にロレンソがトップに浮上する。中盤戦は4人のライダーが接戦を繰り広げるが、22周のレースの終盤に入った16周目にロレンソがペースアップ。これにドビジオーゾも反応し、ロレンソについていくが、ロレンソが差を開き始める。これで3番手のマルケス、4番手のロッシは二人との差が広がるが、マルケスがドビジオーゾとの差を縮めバトルに持ち込む。

 ロレンソは19周目には2番手以下に約1秒のリードを取り、単独トップに浮上。19周目にマルケスがドビジオーゾを交わして2番手に浮上するが、バトルの間にロレンソとの差が広がり、4番手のロッシの接近を許すことになる。

 ロレンソはその後、約2秒のリードを取って、背後を脅かされることなく、トップでチェッカー。2番手争いは最終ラップの最終コーナー進入でマルケスがドビジオーゾにしかけるが、ラインがワイドとなり、その間にドビジオーゾが先行して2位でゴール。マルケスが3位に続き、ロッシは4位でチェッカーを受けた。

 トップ争いから約10秒遅れの5位にダニ・ペドロサ(ホンダ)が続き、フロントロウからスタートしたマーベリック・ビニャーレス(スズキ)が6位でチェッカーとなった。

 7位にポル・エスパロガロ(ヤマハ)、8位にブラドリー・スミス(ヤマハ)、9位にエクトル・バルベラ(ドゥカティ)、10位にスコット・レディング(ドゥカティ)の順で続き、アレイシ・エスパロガロ(スズキ)が11位、ユージン・ラバティ(ドゥカティ)が12位、アルバロ・バウティスタ(アプリリア)が13位、ジャック・ミラー(ホンダ)が14位、ティト・ラバット(ホンダ)が15位に入賞。

 ステファン・ブラドル(アプリリア)は12周目に転倒リタイア、ロリス・バズ(ドゥカティ)は9周目に転倒リタイア、カル・クロッチロウ(ホンダ)は7周目に転倒リタイア、ヨニー・エルナンデス(ドゥカティ)は2周目に転倒リタイアに終わった。


おすすめの記事

News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
岩瀬香奈(いわせかな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

3日(Sat)

4日(Sun)

Speed×Sound Trophy(筑波サーキット)

Honda Racing THANKS DAY2016(ツインリンクもてぎ)

5日(Mon)

6日(Tue)

7日(Wed)

8日(Thu)

9日(Fri)