モタスポブログ

2017.07.18

70年代当時のレトロなウェアでレースに挑んだルノー@F1イギリスGP 現地情報2回目


年に数回あるグランプリ2連戦は、とっても慌ただしいし、心身ともにくたびれるのですが、F1だけの濃密な2週間が過ぎて行く、なかなか充実した日々でもあります。イギリスGPの土曜日にはすでにけっこうヘロヘロになってましたが、「ザウバー、ホンダと提携解消か?」とか、「クビサ、ベルギーGPからF1本格復帰か?」とか、次々に出てくるニュースの取材に駆けずり回りました。

土曜日にはすっかりヘロヘロになってましたが、このクルマはやはりひと目見ておかねば。

今からちょうど40年前のイギリスGPでデビューしたルノーF1ターボです。「ターボで勝てるはずがない」という当時の常識に敢然と挑戦し、壊れまくり、バカにされ続けながら、3年後に初勝利を挙げる。それをきっかけに、F1はターボ時代に突入するわけです。フランス人は時々、こういう凄いことをやらかしますね。

津川さんと肩組んでるこのオジサン、レーシングスーツを着てなかったら、ルネ・アルヌーだとは絶対気がつかなかったと思います。

アラン・プロストが登場するまでは、最も成功したフランス人F1ドライバーで、ルノーやフェラーリで大活躍したという面影は・・・完全にありませんでした。相変わらず、人生を200%楽しんでる感じでしたけど。

この週末のルノースタッフは、70年代当時のレトロなウェアを着てました。すごくいい感じでしたけど、やはりスポンサーへの気兼ねがあったんでしょうね。完全復刻じゃなかったのが、ちと残念。できればピレリじゃなくてミシュラン、BPじゃなくてエルフのロゴで決めてほしかったな〜。

翌日曜日は、朝8時からGP3のレース2が行われました。でも朝6時に起きて、サーキットに来た甲斐がありました!

前戦オーストリアの2位表彰台に続いて、ジュリアーノ・アレジがついに初勝利を挙げたんですから。

フランス国歌を聴きながら、目頭を押さえるパパ。ジュリアーノがママのお腹にいた時から知ってる僕にとっても、感慨無量なものがありました。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
小越しほみ(おごししほみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)