ラリーニュース

2016.03.17

マキネンがテスト担当? ヤリスWRC、来月初走行へ


来月、初テストを行う予定であると明かされたトヨタ・ヤリスWRC

 2017年から世界ラリー選手権(WRC)に復帰するTOYOTA GAZOO Racingを率いるトミ・マキネンは、トヨタ・ヤリスWRCの初テストを来月4月にも行う予定であることを明らかにした。

2017年から世界ラリー選手権(WRC)に復帰するTOYOTA GAZOO Racingを率いるトミ・マキネンは、トヨタ・ヤリスWRCの初テストを来月4月にも行う予定であることを明らかにした。

当初は今週中にもヤリスWRCのシェイクダウンが行われる予定だったが、いくつかのパーツの準備が整わず、スケジュールの変更を余儀なくされたという。マキネンは「元々のスケジュールでは、4月にテストを行うつもりだった」と説明している。

「しかし、スタッフの努力により3月に予定を早められる可能性が出てきていたんだ。結局、3月中の走行は不可能となり、当初の計画に戻ったわけだ」

「すべてスケジュール通りに進んでいて、遅れは出ていない。今回の件はとても小さな問題だよ。すでにエンジンの搭載作業は完了していて、あとは少量のパーツが到着するのを待っている段階だ」

マキネンは、ヤリスWRCのシェイクダウンと初回テストはファクトリーにほど近いフィンランド中部で行う予定であるとし、「5月上旬にはヨーロッパの南部や中部でテストをするべきだろう」ともコメントしている。

「それに、走行距離も稼がなくてはならない」

復帰初戦となる2017年のラリー・モンテカルロに照準を合わせ、チームはテストを行う部隊を2チーム編成し、走行データの収集を急ピッチで進める計画だ。

また、マキネンはヤリスWRCのシェイクダウンの際、自らステアリングを握る可能性についても言及している。

「その可能性もある。私自身も初走行を担当したいと思っているんだ」

「エンジニアチームを率いての走行となるだろう。もちろん、私はまだマシンを操ることができると感じているよ」

TOYOTA GAZOO Racingのチーム代表、トミ・マキネンは自らシェイクダウンを担当する可能性も示唆した
TOYOTA GAZOO Racingのチーム代表、トミ・マキネンは自らシェイクダウンを担当する可能性も示唆した

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

24日(Tue)

25日(Wed)

26日(Thu)

27日(Fri)

28日(Sat)

全日本F3 岡山国際サーキット

WTCC 第5戦ニュルブルクリンク(北コース)

ニュルブルクリンク24時間

29日(Sun)

F1 第6戦モナコGP

インディカー・シリーズ第6戦インディ500

SF 第2戦岡山国際サーキット

全日本F3 岡山国際サーキット

ニュルブルクリンク24時間

世界ラリークロス 第4戦イギリス

30日(Mon)