スーパーGTニュース

2016.05.04

SGT第2戦富士:GT300クラスは4番手スタートB-MAX GT-Rがトップに浮上し、レース後半へ


B-MAX NDDP GT-R

 スーパーGT第2戦富士は、決勝レーススタートから約1時間30分が経過。GT300クラスは、大半の車両が1度目のピット作業を終え、5番手スタートのB-MAX NDDP GT-Rがトップに浮上している。

 雲一つない晴天のもとにスタートが切られた500㎞レース。スタート時点での気温は21度、路面温度はこのレースウィークで一番高い40度となっている。ポールシッターのARTA BMW M6 GT3がホールショットを奪った背後では、31号車TOYOTA PRIUS apr GTとStudie BMW M6、VivaC 86 MCが3ワイドで2番手争いを展開。このなかでVivaC 86が順位を落とし、オープニングラップを終えてARTA M6、31号車プリウス、Studie M6というトップ3。B-MAX GT-Rが順位を上げて4番手となっている。

 翌周にはStudie M6が31号車プリウスをとらえ、いったんはBMW M6のワン・ツー体制が築かれるが、6周を過ぎた頃からStudie M6が若干ペースダウン。プリウス、GT-Rにも、オーバーテイクされたStudie M6は15周を終了してピットに戻り、大きく順位を下げることになった。

 上位陣のなかで、序盤から激しいバトルが繰り広げられたのがHitotsuyama Audi R8とSUBARU BRZ R&D SPORTによる5位争い。最終コーナーでBRZがR8をかわして順位を上げるも、直後のホームストレートでR8がBRZを抜き返す、という場面が繰り返された。さらに、5周目にはこの戦いに6番手のマネパ ランボルギーニ GT3も仲間入りすると、R8とBRZをストレートでかわし5番手に浮上した。

 22周目、コカコーラコーナーでLEON CVSTOS AMG-GTがスピンアウト。目の前を走るシンティアム・アップル・ロータスのスピンを避けてのコースオフだったが、これでコースサイドのバリアに激しくクラッシュし、開幕戦で初優勝を飾ったAMGが姿を消すこととなった。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

apr HYBRID Victoria/2017SGT
桜井はるか(さくらいはるか)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Thu)

21日(Fri)

22日(Sat)

IMSA 第8戦ライムロック・パーク(カナダ)

Japanese FIA-F4 第7戦スポーツランドSUGO

23日(Sun)

スーパーGT第4戦SUGO

DTM 第5戦モスクワ

ELMS 第3戦レッドブル・リンク

Japanese FIA-F4 第8戦スポーツランドSUGO

24日(Mon)

25日(Tue)

26日(Wed)