スーパーGTニュース

2017.08.07

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 スーパーGT第5戦富士 決勝レポート


2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第5戦 富士スピードウェイ レースレポート
◆8月6日(日)<決勝>天候:曇り|コース状況:ドライ
#51  JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 9位

予選17番手からスタートすることになったJMS P.MU LMcorsa RC F GT3はチーム一丸となってミスなく決勝レースを戦い、ポイント圏内となる9位でチェッカーを受ける

 前戦から実質的に1週間の間隔しかなくダメージを受けたマシンを修復させるなどの懸命な作業を続け、富士スピードウェイに到着したJMS P.MU LMcorsa RC F GT3。

 ゴールデンウィークに開催された第2戦では初優勝を飾ったこともあり、富士スピードウェイとは相性が良いと思われていたが、5日(土)におこなわれた公式練習から、セットアップや持ち込まれたタイヤの選択に悩まされることになる。

 予選は、坪井翔がQ1を走行するが、想定ほど路面温度が上昇しなかったため、17番手と今シーズン初めて予選Q2への進出を逃した。

 迎えた6日(日)の決勝レースは、予選日と同様に曇り空に覆われるとともに、蒸し暑い湿気に包まれることになった。決勝レース前の20分間のウォームアップ走行では、中山雄一、坪井の両ドライバーが乗り込み最後の最後までマシンの調整を行った。

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3

 そして、3万3500人の観衆が見守る中66周の決勝レースは、予定通りの15時25分に開始される。スタートドライバーは、これまでの4戦と同様に中山が担当。17番手と過去4戦よりも後方からのスタートだったが、1周目にはすでに3つ順位をあげて14番手でコントロールラインを通過した。

 そして9周目には13番手、20周目には12番手までポジションを上げて順調なレース運びをみせる。決勝レース周回数の1/3を迎えた22周以降から、先行するマシンが徐々にピットインを行なう。JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、これまでの戦いと同様に、中山を可能な限りコースに留まらせてピットインする戦略を取った。

 先行車のピットインによって30周目には6番手と、さらにポジションアップ。30台のGT300クラスの中で20台以上がピットインを済ませた34周目にチームは中山をピットに戻す。タイヤは中山が履いていたハードタイプからソフトタイプに変更し、坪井がステアリングを握ってコースイン。

 19番手でコースに復帰した坪井は、トップ5を走るマシンと遜色ない1分40秒台のラップタイムで先行車を追った。41周目にはレース中のベストラップとなる1分40秒463をマークし、1台をパス。45周目には12番手までポジションを上げることに成功し、ポイント圏内が見えてくる。

 52周目には先行車のトラブルやピットインもあり10番手となり、17番手スタートからついにポイント圏内までポジションを上昇させた。終盤は、ややタイヤの摩耗が進んできたがそれでも粘り強い走行をみせ、残り5周となる57周目にはGT500クラスとの混戦を利用して先行車をパスし、9番手までポジションを上げた。

 結果としてJMS P.MU LMcorsa RC F GT3は9位でチェッカーを受け、今シーズン最も後方からのスタートとなった予選17位から8台を抜き、貴重なポイント獲得を果たした。

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

T's GIRL/2017S耐
廣瀬美咲(ひろせみさき)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)

25日(Wed)

26日(Thu)

第45回東京モーターショー

27日(Fri)

第45回東京モーターショー

WRC 第12戦GB(イギリス)