スーパーGTニュース

2016.06.09

VivaC 86 MC、鈴鹿1000kmで山下健太を起用へ。メーカーテストで初ドライブ


 6月7〜8日に鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTのタイヤメーカーテストには、GT300クラスに10台のマシンが参加したが、そのうちの1台、VivaC 86 MCに山下健太が乗り込んだ。

 山下はカートを経て、2012年にスーパーFJもてぎシリーズのチャンピオンを獲得。13年にはフォーミュラチャレンジ・ジャパンの最後のチャンピオンに輝き、2014年から全日本F3に参戦。今季はTEAM TOM’Sから参戦し、すでに3勝を飾りランキング首位を走っている。

 そんな山下は、2015年にExcellence Porscheを駆りスーパーGTに参戦していたが、今季はF3とスーパー耐久の参戦のみ。しかし、ひさびさにGT300の舞台に返り咲くことになりそう。「正式な発表はまだ(土屋武士)」とのことだが、GT300マザーシャシーで参戦するVivaC 86 MCの第3ドライバーとして、第6戦鈴鹿への参戦が決定的となった。

 8日からVivaC Team TSUCHIYAに合流した山下は、午前、午後とも周回数はそれほど多くないものの、VivaC 86 MCを初ドライブした。2回の走行を経て、すぐにペースも土屋、松井孝允と近いペースで走れたようで、土屋もその走りに太鼓判を押していた。

「マザーシャシーはフォーミュラの感覚ですね。去年ポルシェをドライブさせてもらいましたけど、『同じカテゴリーなの!?』ってくらいでした(笑)。2回の走行で、すぐに慣れることもできました」と初走行を終えた山下は語ってくれた。

 VivaC 86 MCは、今回のメーカーテストに向けてもリヤのフェンダー後端を改良するなど、細かな改良を繰り返している。次戦は昨年初勝利を遂げたSUGOだけに、大いに自信がある様子だ。

VivaC 86 MC
VivaC 86 MC


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY/2018SGT
南真琴(みなみまこと)

Photo Ranking

フォトランキング