MotoGP ニュース

2017.04.08

イデミツ・ホンダ・チーム・アジア 2017MotoGP第2戦アルゼンチンGP初日レポート


MotoGP | イデミツ・ホンダ・チーム・アジア 2017MotoGP第2戦アルゼンチンGP初日レポート

中上貴晶、初日は総合3番手スタート。パウィは23番手タイム

2017年4月7日(金)
Rd.02 アルゼンチンGPアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド
コンディション:ドライ 気温:27℃ 路面:34℃

 2017年シーズン第2戦アルゼンチンGPが、アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで幕を開けました。金曜は午前のフリープラクティス(FP)1回目と午後のFP2がそれぞれ45分間行われ、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は初日の総合順位で3番手につけました。チームメートのカイルール・イダム・パウィは、昨年の当地で、Moto3クラスフル参戦2戦目の劇的な初勝利を達成。東南アジア出身選手初の世界選手権優勝という偉業で、世界中を驚かせました。カテゴリーを1つ上げてMoto2クラスで戦う今年は、初日総合23番手でした。

 現地時間の午前10時55分(日本時間午後10時55分)にスタートしたMoto2クラスのFP1。このコースは普段、ほこりが積もってタイヤに厳しい路面状態となりますが、Moto3とMotoGPの各セッションをすでに終えていたこともあり、今回はある程度良好になっていました。このセッションでは、中上がトップから0.926秒差の13番手タイム、パウィは2.595秒差で30番手でした。

 午後のFP2では、路面にラバーが乗ってレーシングラインもいっそうクリアになり、コンディションがさらに改善します。中上はチームとライダー双方の努力が功を奏し、午前よりもトップスピードを大きく改善して1分44秒414に到達。パウィも午前からラップタイムを2秒以上縮めて1分45秒167を記録しました。
明日のFP3は午前10時55分にスタート。午後には決勝のグリッド順を決める45分間の予選が行われます。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング