MotoGP ニュース

2016.06.26

MotoGP第8戦オランダGP決勝:ダッチウエザーで大波乱。ミラーが逆転で初優勝


MotoGP | MotoGP第8戦オランダGP決勝:ダッチウエザーで大波乱。ミラーが逆転で初優勝

 MotoGP第8戦オランダGP、MotoGPクラスは、オランダのアッセンで決勝レースを行い、ジャック・ミラー(マークVDS)が優勝した。

 Moto2クラスの決勝レース終盤に降った雨で、MotoGPクラスの決勝レースもウエット宣言がされてスタート。しかし、スタート時点では雨脚は収まり、26周の予定でスタートした決勝は次第にライン上が乾き始めたパートとぬれたままのパートが混在する中で周回を重ねて行くことになる。

 レース序盤をリードしたのはバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)、アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)が2番手に続くが、後方から追い上げてきたヨニー・エルナンデス(アスパー・チーム)が3周目の3コーナー立ち上がりでロッシを交わしてトップに浮上する。

 ところが9周目に入ったあたりでレッドクロス旗が振られ、再び雨が落ち始める。10周目あたりから雨はひどくなり、12周目の1コーナーでエルナンデスが転倒、ドビジオーゾがトップに立ち、ロッシが2番手となる。

 11周目には追い上げ来たダニロ・ペトルッチ(プラマック)がロッシを交わして2番手に浮上。雨がますますひどくなる中、14周目を終えたところで赤旗が掲示され、レースは中断。

 通常、MotoGPクラスはフラッグ・トゥ・フラッグレースのため赤旗中断はないが、今回は雨量も多く、異例の赤旗中断となった。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング